白髪染め

ヘアカラー|全般

ヘアカラーをすると、どうして髪は明るくなるのか?

ポイント

『髪は黒いのにカラーリング(ヘアカラー)するとなぜ明るく染まるのだろう・・・?』

ヘアカラーで髪が明るくなったり、暗くなったり不思議ですよね。

 

黒髪がヘアカラーをすることによって明るくなったり、暗くなったりいろんな色に変わる・・・

不思議だと思いませんか?

カラーでどのようにして黒髪が明るく染まったり、色が変化するのかを現役美容師がお答えします!

 

ヘアカラーで髪が明るくなったり、色が変わる理由!

ヘアカラーには、必ずブリーチ剤(脱色剤)が1剤の成分中に入っています。

 

ブリーチ(脱色)を『色を抜く』って言う人もいますが

 

でもちょっと意味合いが違うんです。

 

ブリーチで髪が明るい茶色になるのは、メラニン色素を壊している』からなんです。

 

白髪染めやおしゃれ染めも同じ原理で明るくなります。

 

ブリーチは科学的な変化によって起こります。

 

薬剤の『アルカリ剤』が髪のキューティクルを開き、その隙間から髪の内部に突入!

 

髪の中にあるメラニン色素をターゲットに、『アルカリ剤と過酸化水素』がアタックしてぶっ壊す!!

 

・・・・というイメージですね。

 

メラニン色素を壊すことで、髪の明るさや色に変化ができるわけです。

 

メラニン色素は、髪の中に約3%の割合で存在しています。

 

これが0%にならば白髪になりますが、白髪でも色素がわずかにあるために、ほんのり黄色っぽくみえることがあります。

 

とくに、日本人は白髪が黄ばんで見えます。

 

以上のようにヘアカラーは、1剤(アルカリ剤)と2剤(過酸化水素)が混ざり合うことで化学反応を起こし、髪の中のメラニン色素を分解し破壊。

 

あとは、化学反応によって髪はどんどん明るくできるわけです。

 

もっとヘアカラーについて知りたい方は以下の記事も参考にしてくださいね!

 

 

まとめ

ヘアカラーをしたら髪が明るくなるのは、カラー剤に入っているアルカリ剤のブリーチ効果でキューティクルを開いて髪の中のメラニン色素をぶっ壊し脱色をするからなのです。

 

 

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ヘアカラー|全般

© 2020 もっと髪のことを知って欲しい Powered by AFFINGER5