自分の顔を鏡で見ている女性

女性 薄毛| Q&A

女性ホルモンと髪の関連性について

悩み

最近、白髪増えてきた…。

髪に艶がなくなってきた…。・

抜け毛が増えて頭頂部のボリュームが減ってきた気がする…。

顔に小じわが増えてきた…。

一体、なぜ…。?

 

こんな悩みを解決します。

 

30代の後半を超えたあたりから急激に白髪が増えたり、髪に艶がなくなってくる、抜け毛が増えて髪にボリュームがなくなるまあまた、顔に小じわが増えてくるのは、女性ホルモンの分泌が減少している証拠です。

 

このように髪や肌は女性ホルモンと密接な関係にあります。

 

今回は、女性ホルモンと髪や肌の関連性について詳しくご紹介したいと思います。

女性ホルモンと髪の関連性

ほっぺたに手をあてる女性

 

髪が老化する大きな理由として、『女性ホルモンの分泌』が大きく関係しています。

 

女性らしいからだを維持したり、妊娠・出産に関わる女性ホルモンであるエストロゲンは、20代後半をピークに、30歳を過ぎると少しずつ減少します。

 

閉経を迎える40代後半の更年期には、そのカーブが急激に下降してしまうのです。女性ホルモンの変化に伴って、髪質も変化していきます。

 

20代~30代前半は、女性ホルモンの分泌量が多く、美しい髪をキープできる時期。

 

ただ、近頃は無理なダイエットなどをして女性ホルモンのバランスを崩してしまうと抜け毛が増えて薄毛の悩みが出てきます。

 

あと、ストレスなどで若くても女性ホルモンのバランスが崩れている方が増えていて、そのため髪の悩みも多様化しつつあります。

 

30代になると、エイジングの初期症状が出てきます。「ハリやコシがなくなる」「パサつきやすくなる」「髪の毛が細くなる」などが挙げられます。更年期前後には、さらに悪化して薄毛や白髪の悩みが本格化してしまうのです。

 

毛髪が老化する──そう聞いて真っ先に思い浮かべるのは白髪ではないでしょうか。このほか、髪やせ(髪が細くなる)や毛髪・頭皮の乾燥も毛髪の老化現象です。これらは、主に加齢・紫外線・乾燥という、3大老化原因によって引き起こされます。

 

加齢による毛髪の変化について

虫眼鏡を持つ女性

 

・幼少期……毛髪は細く、15cm以上は伸びない

・思春期……毛髪の直径が太くなり、60cm以上伸びるようになる

・成人期……毛髪の成長期が5年~6年になる

・熟年期……毛胞(もうほう)がわずかに減少し、毛髪も細くなる

 

女性ホルモン以外にも、髪の老化が進む原因は様々。

 

例えば、髪にツヤがなくなりパサつきやすくなるのは、加齢により水分量や皮脂量が減少してしまうからです。

 

肌と同じように、髪も乾燥してしまうんですね。

 

また、顔がたるむように頭皮もたるみます。

 

そうすると、本来正円だった頭皮の毛穴が楕円形にゆがみ、髪の毛にうねりが生じてしまうのです。

 

最近クセ毛っぽくなってきた、それは初期のエイジングの症状と言えるでしょう。

 

若々しい髪や肌を維持してくためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。

30代で白髪が目立ち始めたり、髪のボリュームが減ってきたと感じたら黄色信号です!!早めの対策をしましょう。

 

女性ホルモンのバランスを整えるには、『プラセンタ』がおすすめです。

なぜなら、『プラセンタ』には、ホルモンバランスを整えて、女性ホルモン分泌の促進させる効果があるからです。

 

また、細胞の活性や修復、抗炎作用・活性酸素除去などの効果より、アンチエイジング効果のある成分として医療機関で研究でも注目されています。

 

女性ホルモンバランスを整えるおすすめの『プラセンタ』

参考記事

» 劇的に女性ホルモンを増やすマルチサプリメント『馬プラセンタ ファイン』

 

まとめ

30歳過ぎてからは早めのエイジングケアが必要になってきます。

早めにすることであなたの5年後10年後の髪やお肌にきっと差が出てくると思います。

プラセンタを摂取して、女性ホルモンの分泌を活性化させ20代の時のような髪とお肌を取り戻しましょう!!

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-女性 薄毛| Q&A