綺麗な髪

ヘアカラー| Q&A 白髪染め| Q&A

白髪も染まる!白髪染めとおしゃれ染めを混ぜるレシピを美容師が解説

・白髪も染めたいけど暗くしたくない

・おしゃれ染めと白髪染めを混ぜて白髪も染めて明るく染めたい

・白髪染めとおしゃれ染めを混ぜる方法・レシピ(調合の仕方)について詳しく知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

最近、『こめかみ・生え際・分け目』などに白髪がちらほら目立ってきたけどまだ、白髪染めはしたくないという方やまだまだおしゃれ染めを楽しみたいという方きっと多いのではないでしょうか?

 

そんな方は、白髪染めとおしゃれ染めをうまく調合すればおしゃれ染めで染めたクオリティと変わらず白髪も染めることが可能です。

 

とはいえ、ただ混ぜるといってもおしゃれ染めと白髪染めのどんな明るさのカラー剤同士を混ぜればよいのかわからないと思うので実際に僕がサロンでよく使っている『白髪も染まる白髪染めとおしゃれ染めを混ぜて作るレシピをご紹介します。

 

このレシピ通りにすることで、おしゃれ染めだけでした時と変わらないクオリティのヘアカラーを楽しむことができます。

 

naru

この記事を書いている僕は、美容師歴30年の実績があります。

ヘアカラー(おしゃれ染め・白髪染め)においては百戦錬磨の超ベテランです。

 

それでは始めましょう♪

白髪も染まる!白髪染めとおしゃれ染めを混ぜる完全レシピ!!

今回使用するカラー剤は、ミルボンの白髪染め『オルディーブ・ボーテ』とおしゃれ染め『オルディーブ』を使って作る

『白髪も染まる!白髪染めとおしゃれ染めを混ぜる完全レシピ』について解説していきます。

 

おしゃれ染めと白髪染め混ぜて極力明るい白髪染めレシピ

おしゃれ染めと白髪染め混ぜて極力明るい白髪染めレシピ

 

普通毛で比較的染まりやすい髪質【使用するカラー剤】

・13‐10 (アッシュ )オルディーブ(おしゃれ染め)

・b9-BB(ベージュブラウン)

b5-BB(ベージュブラウン)

カラーカップを1つだけ用意して①を作る。

レシピ

13‐10(40g)+b9-BB(約40g)+b5-BB(約15g)OXY 2剤 6%(95㏄)

 

基本的にこの調合通りにカラー剤を混ぜることで白髪もカバーできるのでお好きな色味を選んでもらって良いと思います。

※できるだけ明るめに染めたいという方はイエロー系やチェスナットブラウンなど選ぶと良いと思います。

(アッシュ系は色味がグレイなので仕上がりがやや暗めになります。)

 

以下の記事でお好きな色味を選んでください♪

参考記事

» おしゃれ染め|オルディーブで1番明るいカラー剤おすすめ15選!

» ミルボンオルディーブボーテで1番明るい白髪染め人気色10選!

» オルディーブボーテ白髪染め|自然に暗く染まるおすすめ人気色4選!

 

染める手順

手順1『もみあげ、こめかみ、フロント』など顔周りの根元から①塗布していき根元全体を塗布します。

根元から毛先までワンタッチで塗布してもOKですが極力毛先に負担をかけないためにも先に根元だけを塗布してください。

 

手順2根元全体が塗り終わったら①の残液を毛先全体に塗布していきます。軽くラップをして自然放置約20分。

 

手順3全体が塗布出来たら、軽くラップをして約20分自然放置。

 

手順4ラップを外してさらに約5分自然放置。

 

手順5カラーチェック。(指先で根元の薬剤をこそぐと色が入っているかわかります)

根元の白髪が染まっていたら髪全体をお湯で湿らし軽く乳化してからシャンプーをしましょう。

少し染まりが浅い場合は、さらにプラス5分ラップを外した状態で自然放置。

※コーミングは不要です

 

まとめ

『こめかみ・生え際・分け目』などに白髪がちらほら目立ってきたけどまだ、白髪染めはしたくないという方やまだまだおしゃれ染めを楽しみたいという方は、

今回ご紹介した『白髪も染まる!白髪染めとおしゃれ染めを混ぜる完全レシピ!!』で染めてみてください。

白髪染めとおしゃれ染めを混ぜて染めることで、おしゃれ染めで染めたクオリティと変わらず白髪も染めることが可能です。

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ヘアカラー| Q&A, 白髪染め| Q&A