JR学研都市線、 鴻池鴻池新田にある美容院、美容室Mazy<マジィ>のブログ

もっと髪のことを知って欲しい

シャンプーしている女性

アフターケア

美容院のトリートメントは何千円も払ってする価値はあるのか?

『美容院に行くと美容師さんからお店で施術するトリートメントを勧められませんか?』でも、何千円を払ってする価値は実際あるの?って疑問に感じている方に美容院でトリートメントしてのメリット(効果)や値段以上の価値があるかどうかについてお話したいと思います。

 

美容院へ行くとヘアカラーやパーマ、カットした後に、サロンで施術するトリートメントを勧められたりするかと思いますが、パーマやカラー料金+1000円~3000円と高額になりがちですよね?

この『トリートメント』上記の金額を払ってまでもする価値が実際にあるのでしょうか?

 

今回は、美容院で高い料金を払ってトリートメントをする価値があるのかについてとトリートメントをすることでのメリットについてお話していきたいと思います。

 

結論から言うと『価値は断然あります!!』

そもそも、なぜ美容院に行くと美容師がトリートメントを勧めてくるのか?

 

これは、カラーリングやパーマによる髪のダメージを少しでも補うためでもありますが、特にヘアカラーの場合、染めたては艶もありしっとり、さらさらです。

 

『色も綺麗に発色していますが、これはあくまで一時的なものです。』

 

1週間もすれば、元のザラザラした感じに戻りやすくなり、色落ちも進みます。

 

しかし、ヘアカラーの後にトリートメントをすることによって、『手触り、艶感、色もちも良くする』という狙いがあるからです。

 

あと、もう一つの理由として、

サロンの売り上げを上げるためにトリートメントをお客さんに勧めます。

 

要するに、一人当たりの客単価を上げるためです。

 

スタイリストは、1か月の売り上げ目標が設定されています。

 

毎月の売り上げに対してサロンから給料が支払われるので、お客さん一人当たりの単価を上げなければならないからです。

 

美容院のトリートメントのすることでのメリット

美容院のトリートメントは、皆さんが自宅でされるトリートメントとは違い効果が3週間から4週間持続する特徴があります。

(注意:サロンで扱っている商材による)

 

ただし、ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などしてすぐは髪の中にアルカリ残留物が残っているため、その上からトリートメントをするということは髪の中にアルカリ残留物が残ったままコーティングすることになります。こうなると、折角のトリートメントも無意味になってしまうので、トリートメントをする前に必ずアルカリを中和させる作業を必ずしてもらうことが必要になると言うこと覚えておいて下さいね!

 

ヘアカラーをされている方の場合

白髪染めやおしゃれ染めしていると、染めたてから1週間くらいは髪もしっとりさらさらしていて、色も綺麗に発色しているかと思いますが2週間を過ぎたあたりから手触りがざらざらしてきたり色が褪色していきます。

 

でも、ヘアカラーの後にサロンでトリートメントをしておけば『色落ちが良くなる、艶感、ツルツルした手触り』3週間から約1か月は持続します。

 

その理由は、ダメージによる髪の中から流出したタンパク質をトリートメントの1剤で補い、さらに2剤によるコーティング効果で髪の中から色の流出を防ぎトリートメントの効果が持続するからです。

 

(この時、スチーミングするともっと効果的です!!)

 

パーマをかけている場合

パーマの場合も、同じくダメージがある髪にパーマをかけることでさらにダメージが進みやすくなります。

 

パーマ後にトリートメントをすることで、パーマによる髪の中から流出したタンパク質を補うことができますので、パーマ後の手触り、質感、艶感などを持続する役目もあります。

 

パーマもカラーも施術前より、髪の状態が良くなるというわけではありません。

 

〇カラーやパーマ後に、手触りや艶、さらさらになったと感じるのは、ヘアカラーやパーマ剤に一時的に状態を良くする添加剤が含まれているからで、決して髪の状態が施術前より良くなるということはないということを覚えておいて欲しい。

 

カット後の場合

カットをしたいと思った時って、ほとんどの方は毛先が傷んできたから美容院に行きカットをしてもらうことが多いと思います。

 

でも、実はカットをした後でも髪は傷むのです。

 

それはなぜか?

 

『髪を切るときにハサミによる毛先に断面(切り口)が生まれてしまうから。』

 

キューティクルに包まれている髪の表面と違って、切った断面はむき出しの状態です

 

祖から髪の中の(ケラチン、タンパク質)が流れ出てしまいダメージの原因になるわけです。

 

参考記事

カットがダメージにつながるって本当?

 

従って、カットの後にトリートメントをするとむき出しになった毛先をコーティングするため髪の中からの間充物質(タンパク質)の流出を防ぐのでお勧めです!!

美容院のトリートメントにまつわる内緒の話

濡れた髪

 

美容院などで施術するトリートメントにはいろんな種類があります。

主に。1剤だけのものと『1剤、2剤』があるものに分かれます。

 

どちらが良いのかと言われれると、メーカーによって1剤だけでも充分効果が得られるものもありますのでどちらが良いとは断言できませんが、個人的には2剤方式になっているものの方が効果があるのではないかと思いますね。

 

1剤でダメージ毛の髪の中に不足しているケラチン、タンパク質を補って2剤で閉じ込めるという方式なのでより効果が長持ちするからです。

 

これは、内緒の話ですが美容院で美容師さんが勧めてくる『トリートメントが1000円でできますよ?』などと低料金のものは、ほとんど1剤式でスチーマーにも入れない場合が多いです。

 

安価なトリートメントは、店販用のトリートメントをただ付けて流すなんてことも少なくはありません。

 

ちゃんとした、トリートメントメニュー用の商材でトリートメントを行っているお店と、安価なトリートメントを1000円~1500円程度で施術しているサロンもあるみたいですね。

 

ちゃんとしたトリートメントとそうじゃないトリートメントを見極める方法は、どのくらいトリートメント効果が持続しているかでわかると思うので2,3日で『色落ちが良くなる、艶感、ツルツルした手触り』がなくなったと感じたら、パーマやカラー料金+1000円~3000円を払ってまでする価値はあまりないかと思いますね。

 

それをするくらいなら、自分に合ったシャンプーをチョイスして毎日、シャンプー後にトリートメントをしている方がよっぽど効果があるかもしれません。

 

あくまでもサロンによって扱っている商材も変わりますから、1度、トリートメントをやってみてあまり効果を感じないと言う方は今通っているサロンのトリートメントをやめてもいいかと思います。

 

関連記事

美容院でトリートメントはどのくらいの頻度(期間)で行けば良い?

シャンプー&トリートメントは美容院と市販のものどっちが良い?違いは?

傷んだ髪にトリートメントやヘアパックしたら治る?

カットした後でもトリートメントはした方が良い?どんなケアが必要?

 

まとめ

パーマやヘアカラー後にトリートメントをすることで自宅でするトリートメントとはまた違った、手触りや艶感、しっとり感を2週間から3週間の期間ほど得ることができます。

 

パーマやヘアカラーした後の、質感をし越しでも長持ちさせたいという方は、美容院でトリートメントを是非して頂きたいと思いますね!!

あせて読んで欲しいContents

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アフターケア

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.