ひらめいた表情の女性

ヘアカラー/関連記事 ヘアマニキュア

ヘアカラー、ヘアマニキュアが顔や頭皮、肌についた場合の落とし方

 

ポイント

美容院や市販のヘアカラーやヘアマニキュアが

『手やおでこ、顔、生え際、こめかみ、頭皮、肌』についてしまってなかなか取れなくて困っている』という方。

誰でも簡単に落とす方法をご紹介します!!

 

美容院やセルフでヘアカラーやヘアマニキュアした時『手、生え際、頭皮、顔、お肌、衣類』などについてしまうことよくありますよね?

 

顔や肌、頭皮に付いたままだと非常にいかにも『たった今、美容院に行ってきました!』というのがバレバレの上、非常にかっこ悪いと思います。

 

『こんな時は、すぐに対処しないと時間が経つほど落ちなくなります!!』

注意:特に美容院のヘアマニキュアやヘアカラーは、1度顔まわりや頭皮、肌についてしまうと落ちにくいです!)

 

そこで今回は、『アミノ リムーバー』を使ってヘアカラーやヘアマニキュアを誰でも簡単に落とす方法についてお話したいと思います。

 

顔や頭皮、地肌についたヘアカラーやヘアマニキュアを落とす方法!

 

アミノ リムーバー

 

頭皮やおでこ、顔など肌に付いてしまったヘアマニキュアやヘアカラーはこの『アミノ リムーバー』を使えばキレイに落とせます。

 

今まで、美容ディーラーさんにお願いしていろんなメーカーのカラーリムーバーを使ってきましたが、

ヘアマニキュアやヘアカラーを落とすには『アミノ リムーバー』が効果がありました。気に入ってます!!

 

プロ専用のリムーバーなので市販で販売されているヘアカラーやヘアマニキュアなども楽勝で落とせるかと思います。

 

アミノ リムーバーを使用してヘアマニキュアやヘアカラー落とす方法!

まず、ヘアマニキュアやヘアカラーを付いてしまった部分をティッシュなどで拭き取ります。

 

『アミノ リムーバー』をコットンなどに染込ませ、お肌や頭皮に部分に軽く押し付け円を描くようにもみ込んで落とすようにして下さい。(ポンポンと軽くタッピングするような感じでもOK!) 

 

この時、少し多めにコットンに染込ませるようにして下さい。

 

かなりの量が付いてしまっている場合は、その部分にコットンを5分ほど乗せたままにして下さい。

 

5分ほど、放置すればほとんどの場合、きれいに落とせます。

 

≪注意すること≫

 

あまりきつく擦(こす)り過ぎると皮膚の炎症に繋がりますので注意が必要です。

 

もしも、ヘアマニキュアが衣類についてしまった場合の落とし方

〇基本的に、ヘアマニキュアは、一度、衣類に付いてしまうと染料は取れません。

 

ヘアマニキュアが衣類に付いてしまった場合は『アミノ リムーバー』コットンに十分染込ませ、生地の裏側にもコットンをはわせ、表面から上からポンポンと叩くようにして裏側のコットンに汚れを吸収させましょう。

 

注意:時間が経ってしまうと取れません。

 

あとは、塩素系のハイターなどでつけ置き洗いをすれば、薄く残る程度まで取れると思います。

注意:ハイターをする場合は、衣類自体が色落ちしないような漂白剤(衣類用)をお使い下さい。

 

ヘアカラーが顔、肌、生え際、頭皮についた時の落とし方

ヘアカラーの場合は直接頭皮に塗布するため、顔周り、生え際、こめかみ、頭皮にヘアカラーが残りやすいです。

 

頭皮に付いたカラーは皮膚の新陳代謝により、シャンプーや洗顔によって、数日程度で落ちていきます。

 

どうしても、早く落としたい場合は、『アミノ リムーバー』を汚れた部分に馴染ませ、しばらくの間、ゆるーく指の腹などを使って円を描くように軽くマッサージして下さい。

 

次に、そのままの状態で上から蒸しタオルで蒸らし洗い流すようにして下さい。

 

ただし、こちらもきつく擦り過ぎると皮膚のキズや炎症に繋がることがありますので十分気をつけるように!

 

ヘアカラーが衣類に付いてしまった場合はどうすれば良いか?

ことらもヘアマニキュアの時と同様、『アミノ リムーバー』を染込ませたコットンなど使って生地の裏側にもコットンをはわせ表面から湿らせたコットンで上からポンポンと叩くようにして裏側のコットンに汚れを吸収させましょう。

 

注意:時間が経ってしまうと取れません。

 

あとは、塩素系のハイターなどでつけ置き洗いをすれば、薄く残る程度まで取れると思います。

注意:ハイターをする場合は、衣類自体が色落ちしないような漂白剤をお使い下さい。

 

市販のヘアカラーやヘアマニキュアを自分でされる際は、必ず手袋はしてくださいね!

手や爪についたカラーは1度付くとなかなか取れませんから!!

 

◆大切な衣類にヘアマニキュアやヘアカラーがついてしまった場合は、できるだけハイターなどの漂白剤を使用するよりもマニキュア、ヘアカラー用専用リムーバーの方がおすすめです!!

(万が一の衣類の色落ちを防げるから)

 

頭皮やおでこ、顔など肌についてしまったヘアマニキュアはこの『アミノ リムーバー』を使えば簡単キレイに落とせます。

ポイント

  • 石けんタイプのふきとり用化粧水
  • 石けんの力で皮膚についてしまったアルカリ&酸性カラーを浮かせて取るカラー リムーバー
  • 浮かせて取り除く石けんタイプでこする必要がなく、肌への負担が少ない
  • アルカリカラーと酸性カラーに対応する優れた除去力

 

美容院のプロ専用なので一般のショップではなかなか入手困難な商品です!

 

1本あれば、マニキュアやヘアカラーが『手、生え際、頭皮、顔、お肌、地肌、衣類』付いてしまっても安心です!

一回の使用量は少量で済みますから1本持っておけば1年2年はもつかと思いますのお得ですね。

 

〇この商品は、アマゾンや楽天さんで人気の商品のためすぐ売り切れになりますので

 

お急ぎの方は、お早めにご購入くださいね!!


 

まとめ

◆私も、仕事上ヘアカラーやヘアマニキュアが自分の手や衣類に付いてしまうことがよくあります。

 

衣類に付いてしまったら、すぐにリムーバーをコットンに湿らせ生地の裏側にもコットンをはわせ、表面から湿らせたコットンで上からポンポンと叩くようにして裏側のコットンに汚れを吸収させて取ります。

 

手に付いた場合でも、ティッシュやコットンにリムーバー染み込ませてを使えば簡単にキレイに取れます。

もしも、ヘアカラーやヘアマニキュアが浴槽や洗面台に付いたら?

 

参考記事

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ヘアカラー/関連記事, ヘアマニキュア

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.