美容院の席

美容師、資格/独立開業

美容院を一人で経営するにはどのくらい売上が必要?

悩み

美容院を一人で開業して経営していくする上で毎月、どのくらい売上を上げれば

そこそこゆとりある生活をしていけるのか?

とても、気になるところですよね?

美容院を一人で開業して経営していくのに1ヶ月100万円売上は必要か・・・??

 

こんな悩みにお答えします!!

 

自分の体験をもとに詳細をまとめてみました。

 

美容室を一人で経営していて月売上高が100万円以上あげていれば結構すごい方だと思います。

でも、このご時世一人で独立開業して月100万円稼ぐのは至難の技です。

 

なので美容院を一人で開業して経営していくする上で毎月、どのくらい売上を上げればやっていけるかをお話ししたいと思います。

 

美容院を一人でっ経営して1ヶ月100万円の売上があれば十分だと思います。

 

でも、この売上の100万円がそのまま収入にはなりませんよ?

 

お店を経営していくには、必要な経費がかかります。

では、美容院を経営していく上でかかる経費について詳しく見ていきましょう!

一人で美容院を経営するための店の規模と経費について

 ≪家賃≫

一人でお店を、今後もしていくつもりならそんなに広いお店は必要ありません。

 

大体、8坪~12坪(セット面2台、シャンプー台1台ないし、2台)あれば十分ではないでしょうか。

 

家賃は毎月かかってきます。個定費になるので出来るだけ不動産屋さんと交渉して安く借りれば経費を抑えることが出来ます。

 

『お店の規模にもよりますが10万円までが理想ですね!!』

 

[光熱費] <1ヶ月の来店客が120人~130人、客単価8400円の場合で計算しています>

ポイント

〇1ヶ月の電気代

約25000~30000円くらい(照明の設備の関係で変わる場合がある)

〇水道代  2ヶ月分

約8900円くらい

●1ヶ月のガス代

約4500円くらいまで

〇1ヶ月の電話代

通信費  インターネットプロバイダー、電話代(フリーダイヤル込み)

8800円

〇1ヶ月の材料代

10万円(技術売上の10%以内が理想)

〇お店の損害保険

3680円

〇有線(キャンシステム)

1年27000円なので

1ヶ月にすると

2250円

〇借り入れの返済(1000万)

1ヶ月 約12万円前後

〇器具のリース(ボイラー、セット椅子、シャンプーブース、シャンプー椅子など)

1か月 約25000円

トータル 約407、530円になります。

 

1ヶ月の必要経費はざっとこんな感じではないかなと思います。

(細かい消耗品などは経費として含まれていません)

 

1ヶ月100万円だとすると

1,000,000-407、530=592、470円になります。

 

一見、めちゃくちゃ『儲かってるやん』って思うでしょう?

『甘いです。(笑)』

 

実際は、数字上は儲かっているが以下の税金を払うと?

 

市民税 結構高い (めちゃくちゃ払った記憶があります)

所得税 結構高い (同上)

個人事業税  (同上)

 

それと、年商1000万を超えると消費税を収めなければなりません。

 

年商1200万円の場合大体ですが35万~40万円を一括で3月に払うことになります。

 

結局のところ、1ヶ月63万円もあっても税金払ったらあんまり手元に残らないのが現実です。

 

必死でがんばっても税金で持っていかれる(泣)悲しい現実です。

 

こういう場合は節税として小規模共済などに入れば経営者と共同経営者などでしたら1か月、上限7万円まで掛けることが出来ます。

 

これは、企業でいうところの退職金になるし必要経費(控除されます)として計上できますので節税になりますので大きなメリットになります。

 

あとは、もしも結婚されているのであれば配偶者などに専従者給料として支払っていれば節税になります。

 

1ヶ月一人で100万円稼ぐために客単価がどれぐらいで何人のお客さんすれば良いか?

おおよそになりますが

客単価  8440円

客数  月 120人

1日の客数 5人

 

一人で美容室を経営していこうと思うなら”高単価の施術メニュー”でやっていかないと経営的にも体力的精神的にもしんどいと思いますね!!

 

事業を始めたなら、税金面や確定申告をする上でいろいろ相談出来る税理士さんを探しておいた方が良いと思います。

 

でも、税理さんに頼むとめちゃお金かかります。

税理士さんに頼むとこんだけ費用がかかります。

年間、12万~20万円 (税理士さんによって支払う額はまちまちです)

 

出来れば、自分でやりましょう!!

 

確定申告は、白色申告と青色申告がありますが青色申告がお勧めです。

なぜなら、青色申告控除があるからです。

節税のもなるし、青色申告は税務署から睨まれることも少ないですしもしも、経営に行き詰まり融資を受けるときに圧倒的に有利だからです。

 

僕も、自分でお店を開店してからずっと青色申告です。

この方、20年間の税務署の立ち入り調査など入ったことがありません!!

 

確定申告は青色申告がベストな選択です!!

 

でも、自分で確定申告するためには、普段から自分で経理をしなくてはなりません。

 

帳面に売上げつけたり、経費をつけたりとかなりめんどくさいです!!

 

そんな時に便利なのが『弥生の青色申告オンライン』です!!

 

確定申告が『初めての方』や『簿記がまったくわからない方』でも、画面に数字を入れるだけなので簡単です!

 

ポイント

『弥生の青色申告オンライン』4つの特徴

1:スマート取引取込み

銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホアプリで撮影したデータを自動仕訳するので、入力と仕訳の手間が省けます。

2:かんたん取引入力

簿記知識がなくても、日付や金額などを入力するだけで、青色申告に必要な複式簿記帳簿が自動作成できます。
スマートフォンからも入力ができます。

3:確定申告書類の作成

確定申告に必要な手順が一目でわかり、画面の案内に沿って入力していくだけで、書類を作成できます。控除額も自動計算。

4:帳簿・レポートの集計

登録した取引から、青色申告に必要な帳簿やレポートが自動で集計・作成できます。

もそも、使い方がわからないといった時には、電話サポート、メールサポート、チャットサポートまでついているので安心です。

 

ただし、『弥生の青色申告オンライン』にもデメリットもあります。

 

年間使用料がかかってしまうってことです!

 

トータルプラン 1年間 (初年)10000円(税抜)

次年度は20000円(税抜)キャンセルできます。

 〇操作質問 〇業務相談付き

  • 全ての機能が利用できます
    確定申告書が作成できます。
  • 電話・メール・チャットサポートが利用できます

 

ベーシックプラン 1年間 (初年)6000円(税抜)

次年度は12000円(税抜)キャンセルできます。

〇操作質問ができる

  • 全ての機能が利用できます
    確定申告書が作成できます。
  • 電話・メール・チャットサポートが利用できます

 

おすすめセルフプラン  1年間 無料でお試し

次年度は8000円(税抜)キャンセルできます。

  • 全ての機能が利用できます
    確定申告書が作成できます。

 

使って見ないとよくわからなしお金もかかるので不安ってなると思うのでまずは、おすすめセルフプランを使って見るのもありだし、もしも、使い方がわからくなった時にサポートがないと不安て方はベーシックプランで充分だと思います。慣れ来たら安いセルフプランに変更しても良いしね!!

 

お金は、かかってしまいますが税理士さん頼むこと考えたらめちゃくちゃ安くて済むってことです。

 

日々のノートに帳面つけるのってかなり面倒です。

 

僕は、かなりのめんどくさがり屋なので『弥生の青色申告オンライン』を知るまで税理士さんに年間16万円くらい払っていました。

 

今でも、なんでもっと早く『弥生の青色申告オンライン』っていうのがあることを知らなかったんだろうと後悔しています。

 

これから、初めて自分で確定申告をする予定の方やすでに毎年、税理士さんに頼んでいるのならかなり損をしていますよ!

 

これを機会にクラウド青色申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」に変えちゃいましょう!!

 

このバナーをポチっとしてね!!↓

まとめ

上記ぐらいの経費におさまるなら、年収999万でも十分でしょう。

1か月あたりの売上で832、500円になります。

832、500(売上)-407、530(経費)=424、970になります。

 

消費税も収め無くてもよいし、小規模共済に加入し毎月7万円、配偶者がいれば専従者給料8万で計上(配偶者が他から収入0の場合)すればかなりの節税になりますからね!!

 

これからの時代、美容師も副業は当たり前の時代ですよ!!

関連記事

一人で美容院を経営、お店が暇でどうしたいいか悩んでる方にお勧め副業とは?

 

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-美容師、資格/独立開業

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.