JR学研都市線、 鴻池鴻池新田にある美容院、美容室Mazy<マジィ>のブログ

もっと髪のことを知って欲しい

ピンクの髪をしたモデル

ヘアカラーに関する記事

ブリーチやハイライトをしてからヘアカラーした方が綺麗な色が出る?

更新日:

ヘアカラーのおしゃれ染めで綺麗に色味を出したい場合は、ブリーチやハイライトをしてその上からもう一度、カラーをした方が綺麗にな色味が出るのだろうか?ダブルカラーをすることでのメリットとデメリットについてお話したいと思います。

 

今回は、ダブルカラーをすることでおしゃれ染めの色味『ミルクティー、アッシュ、ベージュ』が綺麗にでるのかについてお話したいと思います。

 

そもそもダブルカラーってなに?どうするの?

ヘアマニキュア

 

 

私たち美容師もお客様の要望に応じて『一度、ブリーチやライトナーなどで髪をハイトーンまで上げて』髪の色素をかなり脱色、及び、色素を抜いた状態にしてから、おしゃれ染めでもう一度色味を入れるという施術をします。

 

一般的にこの施術を業界用語で”ダブルカラー”と呼んだりします。

 

ダブルカラーをすることでのメリットとは?

ダブルカラーをすることで、

 

”綺麗な透明感のある色味を出すことができる”ということ。

 

通常のヘアカラー剤のおしゃれ染め単品では出せないような独特な透明感のある色味に仕上げることができます。

とくに『ミルクティー、アッシュ系、ベージュ』などは色味としても非常に人気がありますね。

 

ただしデメリットもあるんです。

 

ダブルカラーのデメリット

 

頭をかかえる女性

 

色落ちが激しい

せっかく、綺麗にダブルカラーでキレイに染めても色もちが悪いという点です。

 

髪の損傷が激しい

ダブルカラーは、ハイトーンのカラー剤で2回染めるということになるので、頭皮や髪に対するダメージが非常に大きいいです。

お家に帰ってからのメンテナンスがとても重要です。

 

参考記事

ヘアカラーの色は時間が経つととれる?色落ちするの?

ヘアカラーは色味によって色もちが違うのは知ってる?

ブリーチを続けると頭頂部が髪が薄くなる

 

ブリーチしてカラーを入れる、というダブルカラーを行った場合は”色持ちはよくもっても2週間~3週間”といったところです。「透明感のある色味、狙った色味が続くのはそのくらいの短い期間しかない」ってことです。

 

色味は、シャンプーをすればするほど色味はどんどん抜けていきます。最終的には下地のブリーチした色が黄色っぽくが出てくるって感じ。

 

色持ちを少しでも持続したければ弱酸性のアミノ酸系(カラー用)のシャンプーを使えばと多少ですがもちは良くなります。

 

それとトリートメントもしっかりすること。髪の中のタンパク質を補充することで色持ちは違って来るかと思います。

 

色持ちが良くしたい場合におすすめシャンプー


もし、お客様が色持ちを優先される場合、あるいは自然なカラーを目指す場合は、通常のカラー剤1回で染めるほうが、より無理もなく色持ちの良いカラーを行なうことが可能です。参考にしてみて下さい。

あせて読んで欲しいContents

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアカラーに関する記事

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.