色が抜けてパサパサな髪

ヘアカラー/関連記事

ヘアカラーをして1週間、2週間で色が落ちるのはもう常識です!!

 

ポイント

・先日、髪を染めに行ったのですが2週間で経たないうちにヘアカラーがほとんど色が落ちた、下手すりゃ1週間もヘアカラーがもたない・・・。

・アッシュでカラーしたら3,4日で染めた色がぜんぶ色落ちした・・・。

・アッシュグレイに染めたら緑色になって1週間で色が落ちる・・・。

これって常識なの?

 

などという多くの質問がyahooの知恵袋に投稿されていました。

まさに、

『美容院で高料金を払ってヘアカラーをしたのに1週間で落ちるのは早過ぎでしょ?』という書き込みのオンパレードです(´;ω;`)

 

これって『施術し美容師が悪いのか?それともお客さんの髪質が悪いのか?』

 

いったい誰の責任っ?

 

本記事では

・ヘアカラーをして1週間、2週間で落ちるのはもう常識なの?

・ヘアカラーをして1週間、2週間で色落ちするのは『ヘアカラーをした美容師が悪い?』『お客さんの髪質が悪い?』

・ヘアカラーをしても1週間、2週間で経たないうちにヘアカラーがほとんど落ちてしまう(褪色)理由。

・ヘアカラーの色味をアッシュにしたら3,4日で染めた色が全落ちする理由。

・アッシュグレイに染めたら緑色になって1週間で色落ちする理由。

・ヘアカラーをして1週間や2週間で色落ちしやすい髪の色を長持ちさせる方法!

についてお話したいと思います!!

 

ヘアカラーをして1週間、2週間で落ちるのはもう常識なの?

注意ポイント

ヘアカラーをして1週間、2週間で色落ちするのはもう常識の話です!

とくに、ダブルカラーやブリーチを繰り返した髪なら、ヘアカラーをして1週間、2週間以内で色落ちします。

 

ヘアカラーをして1週間、2週間で落ちるのは『ヘアカラーをした美容師が悪い?』『お客さんの髪質が悪い?』

それとヘアカラーをして1週間も色落ちが早いのは『ヘアカラーをした美容師が悪い?』『お客さんの髪質が悪い?』

 

この質問に関しては、肯定も否定もしません。(ちょっと逃げ腰ですが(笑))

 

ただ言いたいことは、美容師が施術をする前にしっかり

『1週間くらいで色落ちしますがよろしいですか?』

『もしかしたら、3,4日で色落ちするかも・・・』

などいうことを伝えていないからそのような投稿が多いのではないかと思います(笑)

 

それと、お客さんの方も

『ダブルカラーやブリーチを繰り返した髪にヘアカラーをすると、どのくらい色持ちするのか?』

という知識を認識しておくべきかもしれませんね。

 

ネットでちょっとググればいくらでもそんな情報は手に入りますしね。

 

とはいえ

サービスによって料金を頂く側の美容師が伝えなければならないのが普通ですがね・・・。

 

3、4日や1週間で色落ちした場合、染め直ししてくれるのか?

と、心配している方もいるかと思いますので、言っておきます。

〇通常、保証期間の間なら染め直しはしてくれるかと思いますが、サロンによってもいろいろなので

直接、電話をかけて問合せしてみた方が良いと思います。

 

あとは、お客さん側のちょっとした思い込みで雑誌のモデルさんや芸能人はいつも綺麗な色をキープしているから、私もできると思ってしまうことです。

 

確かに、雑誌に載っているモデルさんや芸能人などは、綺麗な色のヘアカラーをいつもキープしています。

 

でも、その色をキープするためには、頻繁に美容院に通って色落ちした色味を入れに行ったり、色持ちがよくなるようなトリートメントしたりと相当なお金をつぎ込んでいます(笑)

 

まぁ~芸能人やモデルさんは、露出してナンボの世界ですからその業界では常識のことかもしれません。

 

そのお金も事務所からでているかもしれませんしね。(その辺は、よく知らないけど・・・。)

 

ヘアカラーをしても1週間、2週間で落ちる理由!

色が抜けてパサパサな髪

 

この原因のほとんどは、

ハイトーン(13,14レベル)のおしゃれ染めを頻繁にしていること。

ダブルカラーをしていること。

ブリーチを繰り返していること。

この3つがあげられます。

 

ブリーチやハイトーンのカラーを続けることでキューティクルも剥がれたり、健康な状態ではちゃんと綺麗に並んで閉じているはずのキューティクルが開きっぱなしの状態になります。

 

そうなると髪の中のタンパク質は外へ流れ出して(褪色)、中は空洞状態になるわけです。

 

例えば、たくさん穴の開いた円柱の筒をイメージしてください。

そこに上から色のついた水を入れます。

色のついた水は穴からどんどん流れていきます。

そんなイメージですね!!

 

おしゃれ染めは、カラー剤のアルカリ作用によってキューティクルを開かせ髪の内部のメラニン色素を破壊して脱色します。

そこに色味が同時に入っていきます。

 

でも、この色味は定着することはないのです。

 

なので、ダメージが大きい髪ほど色落ちがどんどん進みます。

 

シャンプーをしなくても水に濡れるだけでも色はどんどん色落ち(褪色)していくわけです。

 

お勧めの記事 

≪ヘアカラーは染めてからどのくらいで色が落ちついて馴染むのか?≫

 

ヘアカラーの色味をアッシュにしたら3,4日で染めた色が落ちる理由

 

同じおしゃれ染めでも色味によって色持ちは違うってことです。

 

特にアッシュやマット(緑系)はレッドやオレンジなどの暖色系の色味と比べて色持ちが悪い、色落ちが早いです。

 

なので、美容院でアッシュやマットに染めても3,4日で色落ちするのは当たり前の事なのです。

 

お勧めの記事 

≪ヘアカラーに色もちや色落ちは色味によって違うんだよ?!≫

 

アッシュグレイに染めたら緑色になって1週間で色が落ちる理由

アッシュカラーにしたのに仕上がってみたら緑っぽくなってしまった経験はありませんか?

 

その理由は、髪を脱色すると金髪=黄色っぽい感じになりますよね?

 

その黄色を打ち消すために青紫を入れて無彩色に近づけるのが「アッシュ」の原理なのですが、青の色味が入り過ぎると

 

元の髪の黄色と混ざることで緑色になってしまうというわけです。

 

でも、この緑も1週間も経たないうちに褪色し色落ちします。

 

一言で、アッシュといってもメーカーによっても微妙に色味が違うし、ピンクアッシュ、アッシュグレイなど同じアッシュでもいろんな色味があるので染まる前のベースの色をしっかり美容師が把握することが大切です。

 

補色の関係をうまく利用してカラー剤の調合をしないと綺麗なアッシュ色はでないってことです。

 

お勧めの記事 

≪ヘアカラーの補色って何?赤味や黄味を消す補色の使用法!≫

ブリーチを繰り返せばそれだけ髪は傷みます。

傷んだ髪は、わかりやすく言うと髪の表面がはがれていて、カラーで色味を入れてもすぐに流れ出て(褪色)しまうのです。

 

ヘアカラーをして1週間や2週間で色落ちしやすい髪の色を長持ちさせる方法!

シャンプーしている女性

 

1、カラー専用シャンプーを使うべし!!

 

弱酸性タイプのアミノ酸主体のシャンプーがベストだと思います。

とくに色落ちしやすい髪には、pHが低いシャンプーを選ぶことが重要です。

 

また、使用するシャンプーの量にも注意が必要です!!

 

すでに、泡が立っているのにそれ以上に大量のシャンプーを使ったり、毛先まできっちり洗いすぎるのも良くないです。

 

汚れの大半は頭皮ですので、頭皮を中心に洗いましょう。

 

2、トリートメントをベタベタにつけ過ぎないこと!

 

トリートメントにも界面活性剤が含有されています。

 

主にカチオンなどの洗浄力のないものが使用されますが、髪内部の色素を溶かしてしまう作用もあるので注意が必要です。

 

髪にしみ込む程度の量で充分だと思います。

 

お勧めの記事 

髪のコンディションキープには、シャンプーの使い分けが必要!≫

≪【保存版】美容院と市販のシャンプーとトリートメントの決定的な違いは?≫

 

3:色持ちを重視するなら暗めのトーンで染めること!!

 

色が淡くなればなるほど、色味はすぐ落ちていきやすいです。

 

もしも、少しでも色持ちを重視するなら、暗めなアッシュを入れて退色でアッシュが出てくるのを楽しむ方法があります。

 

アッシュの場合、色味がグレイなので染めたては暗く感じるでしょうが色持ちは全然違います。

 

その辺は、美容師さんに相談してもらって、美容師さんが薬剤を調合してもらいましょう!!

 

まとめ

ヘアカラーをして1週間、2週間で色落ちするのはもう常識の話です!

とくに、ダブルカラーやブリーチを繰り返した髪なら、ヘアカラーをして1週間、2週間以内で色落ちします。

 

ヘアカラーの色を少しでも長く持たせるために必要なこと!

 

1:弱酸性タイプのアミノ酸主体のシャンプーを使うこと。

とくに色落ちしやすい髪には、pHが低いシャンプーを選ぶことが重要です。

2:トリートメントをベタベタにつけ過ぎないこと!

 

3:色持ちを重視するなら暗めのトーンで染めること!!

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ヘアカラー/関連記事

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.