色が抜けてパサパサな髪

ブリーチ ヘアカラー

ブリーチ後に黒染めやおしゃれ染めしてもすぐ色落ちするのはなぜ?

 

『ブリーチ後やハイライトした髪に白髪染め(黒染め)やおしゃれ染めしても、1週間や2週間ほどですぐに”色落ちてしまう…。または、いつも色持ちが悪い…。』などといった経験はありませんか?

 

そんな悩みを解決します。

 

本記事を最後まで読むことによって、おしゃれ染めや黒染めの色を長持ちさせることができるようになります。

 

 

 ブリーチした髪に黒染めやおしゃれ染めをしてもすぐ色落ちしてしまう原因

 

hair.jpeg

 

ブリーチによるアルカリ成分によって髪の中の結合が切られ、キューティクルが開き髪の中の間充物質(タンパク質)が破壊されキューティクルから流出していきます。

 

要するに髪の中のタンパク質が髪の外へどんどん流れ出でしまうためスカスカ(空洞化)になるわけです。

 

ヘアカラーは髪の中に入った染料同士が手をつなぐようにつながって、発色することで色が見えています。

 

でも、カラーの直後から、染料同士のつながりは少しずつ自然に壊れてしまい、色味も当然失われてしまいます。

 

すでに空洞状態になってしまった髪に黒染めやおしゃれ染めをしても髪の中でカラーの染料が定着しないんです。

 

ハイトーンのおしゃれ染めやダブルカラーをしている場合も同じことが言えます。

ブリーチした髪同様、色落ちは早いです。

 

一時的には染まっているように見えても早ければ2、3日から1週間(入れた色味によります)で色落ちしていきます。

参考記事

» ヘアカラーの色は時間が経つととれる(抜ける)のか?

 

では、どうすれば色持ちを良くできるのか?

黒染めやおしゃれの色味を長持ちさせる方法!!

方法は、2つあります。

・カラーの2剤を3%で染める。

・洗浄力の弱いカラー専用シャンプーに変える

ヘアカラーの2液のオキシの濃度を3%で染める

市販で販売されているヘアカラーのほとんどが6%の2液になっていると思います。

 

美容室では6はリフトアップ(明度を上げる)する場合に使用されます。

 

ですから、既にブリーチで明度が上がっているところに、オキシ6%の2液を使用してもすぐに褪色するわけです。

 

美容室でブリーチした髪を黒染めやおしゃれ染めで色味を入れたい場合、これ以上リフトアップしている状態なので、ヘアカラーの2剤は3%を使用します。(3を使用することで髪へのダメージも少なく済む利点がある。)

 

ヘアカラーの2剤、6%と3%の違いをもっと詳しく知りたい方は以下の記事へ

参考記事

» ヘアカラーの2剤(オキシ)6%と3%の違いって何?

 

アミノ酸系の弱酸性シャンプーに変える!

 

リンス

 

毎日、自宅で使用しているシャンプーをアミノ酸系(弱酸性)のゆるいシャンプーの変えしっかりトリートメントをシャンプーの度にするだけで色持ちは良くなります

 

とくに市販で販売されているメ○ットやエッ○ンシャルシャンプーなどは洗浄力が強いの1週間程度で色落ちします。

 

◆出来るだけカラー用やダメージヘア用のシャンプーを使用するようにして下さい。

 

お勧めは、美容室で販売されているシャンプーとトリートメントをセットで使用する方法が色持ち断然よくなります。

お勧めの記事

» ヘアカラーをして1週間、2週間で色が落ちるのはもう常識です!!

 

◆シャンプー後は吸収しやすいタオルなどで優しく水分を取ることも重要です。

 

なぜなら、濡れている状態で放置すると、キューティクルが開いている状態なので色が外へ流れ出やすいからです。

 

◆仕上げは保湿成分の入ったヘアクリームなど髪に揉み込み、しっかりドライヤーで乾かすこと。

 

しっかり乾かすことでキューティクルが閉じるため色の流出を防ぎます。

なのでシャンプー後はドライヤーでしっかり乾かしましょう。

 

色持ちが良くなるおすすめのシャンプー&トリートメント

色持ちを良くして色落ちを防ぐなら【ミルボン】ウィローリュクス シャンプー&トリートメントがおすすめです。

使った瞬間から色持ちが良くなったと実感できるかと思います。

 

とはいえ、シャンプーを変えるだけで本当に色落ちがなくなって色持ちが良くなるの?なんて方もきっと多いかと思います。

でも、実際に僕も【ミルボン】ウィローリュクス シャンプー&トリートメントを使って実証済み。

 

当店のお客様も【ミルボン】ウィローリュクス シャンプーを使ってみて『本当にカラーの色持ちが良くなったよ!!』という多くのご意見を頂いています。

 

なので、もしもあなたが色持ち・色落ちで悩んでいたのなら是非1度お試しください。

 

※当商品は、美容院専売なのですぐ売れ切れになるみたいです。

◎お急ぎの方はお早めに!


 

髪を黒光り・青光りするくらい真っ黒にする方法

色持ちの良いカラー剤を選ぶなら断然、プロが使っているものを選ぶことが賢い選択です。

 

◎黒光りするくらい真っ黒にするなら【ミルボン】オルディーブ・ボーテがおすすめです。

◎青光りするくらい真っ黒にするなら【ミルボン】ヘアマニキュアのブラックがおすすめです。

 

参考記事

» 『髪を真っ黒にしたい!』市販の黒染めで黒光り・青光りにする方法

 

ブリーチやダブルカラーを続けているとリスクがあることを知っておこう!

長くブリーチやハイトーンのヘアカラーを続けるのは、美容師としてあんまりお勧めできません。

髪や頭皮に負担がかかるからです!

 

◆5年後、10年後に頭頂部部分の髪が薄毛になってしまう恐れがあります。

参考記事

» ブリーチは髪がハゲる?だからやめておけ!!

 

まとめ

『ブリーチをした髪におしゃれ染め・黒染めをしても色持ちをよくするためには』

◎染めるときはヘアカラーの2剤3%で染めること。

◎美容院で販売されているアミノ酸系の弱酸性シャンプー&トリートメントを使用すること。

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ブリーチ, ヘアカラー

© 2021 もっと髪のことを知って欲しい Powered by AFFINGER5