シャンプー

髪の悩み解決|おすすめ商品

【保存版】美容院のシャンプーと市販のシャンプーの決定的な違いとは?

 

悩み

美容院で売られているシャンプーと市販で売られているシャンプー…。どこが違うのかな?

市販で販売されているものと比べて値段が4倍から5倍もするけど『何でこんなに高いの…。?』

一度、使ってみたいけど違いがわからないし、金額的にもなかなか手が出ない…。

できることなら、違いを理解してから使ってみたい。

 

こんな疑問にお答えします。

 

髪をいつも艶々、ピカピカに美しく保つためには、ホームケアのシャンプーやトリートメントはとても重要なアイテムなんですよね。普段からパーマやヘアカラーをされている方なら色落ちや髪の傷みをすごく気にしているはずです。

 

まずは、今使っているシャンプーが本当に自分の髪質に合っているのかをもう一度確認しましょう。

 

本記事を最後まで読むことであなたのニーズに合ったシャンプーの選び方の参考になるかと思います。

【保存版】美容院と市販のシャンプーとトリートメントの決定的な違い

シャンプーしている女性

1:目的・狙いが違う

2:価格違う

3:シャンプーに含まれている成分が違う

 

1:目的・狙いが違う

美容院のシャンプーは、髪で悩んでいる人の細かいニーズ(悩みや目的)に対応するように種類も多様化しています。

 

例えば

・パーマのもちやヘアカラー色持ちを良くするためのシャンプー

・ヘアデザインの再現性を目指したシャンプー

・髪のダメージを補修するためのシャンプー

・頭皮ケア・育毛ケア用のシャンプー

・くせ毛を抑えスタイリングしやすくするシャンプー

 

など、目的やニーズに合わせてピンポイントでユーザーが欲しいものが選べるところがメリット。

 

3:シャンプーに含まれている成分が違う

実は市販のシャンプーとトリートメントと美容室で扱っている商品は、狙いが違います。

 

特にシャンプーは界面活性剤、洗浄成分が違います。

 

美容院で販売されているシャンプーにおいては、界面活性剤はアミノ酸系の洗浄成分で、低刺激。
グルタミン酸、グリシン、アラニンなどの高級で人の身体に無害な成分をしています。

 

2:価格が違う

美容院と市販のシャンプーとトリートメント比べて何でこんなに高いの?って疑問に感じている方も多いかと思います。

 

その理由は、高級な成分が含まれているためどうしてもコストがかかるため、金額が高くなってしまいます。

 

その一方で市販のシャンプーは、高級アルコール系の洗浄成分であるラウレス硫酸やラウリル硫酸など成分は、安価で商品を製造することができるから安価で販売できるんです。

 

3:シャンプーに含まれている成分が違う

市販のシャンプーと美容院のシャンプーでは界面活性剤・洗浄成分が違います。

 

美容院で販売されているシャンプーにおいては、界面活性剤はアミノ酸系の洗浄成分で、低刺激。
グルタミン酸、グリシン、アラニンなどの高級で人の身体に無害な成分をしています。

 

市販のシャンプーの特徴は、泡立ちが多くて洗浄力も強く、コンディシニング成分をたっぷり配合しています。

 

主な成分として、高級アルコール系の洗浄成分であるラウレス硫酸やラウリル硫酸などです。

 

高級アルコール系の洗浄成分であるラウレス硫酸やラウリル硫酸など成分は、安価で商品を製造することができるから安価で販売できるんです。

 

泡立ちが良く指通りよくて洗いやすいですがパーマがすぐ取れてしまったりヘアカラーの色落ちの原因になることもあります。

 

対して、美容室で扱うものは、アミノ酸系や両性ベタイン系といった、低刺激の洗浄成分で作られていることが多く、髪にやさしいけれど、きっちり洗いあげます。

 

また、『PHコントロール、褪色防止、アミノ酸やタンパク質の補給効果』など、ヘアカラーやパーマをきれいに保つための役割あるのです。

 

 

美容院のシャンプーメリット

 

美容師に髪を乾かしてもらっている女性

1:自分のニーズに合ったものを選べる

2:ヘアカラーの色持ちを良くする

3:ヘアスタイルの再現性を良くする

4:髪や頭皮に潤いを与えて保護する

5:くせ毛を扱いやすくする

1:自分のニーズに合ったものを選べる

グランドリンケージシャンプ3種

 

自分の髪質や求めるニーズに対応しているシャンプーをピンポイントで選ぶことができます。

シャンプー選びで選びでもう迷うことが無くなります。

 

2:ヘアカラーの色持ちを良くする

ヘアカラーは、染料が定着するのに時間がかかるため直後は染料が流出しやすいです。

 

弱酸性タイプのアミノ酸シャンプーならカラー後数日間の未定着の染料の流出経路を塞ぐことで色落ちを防ぐことができる。

 

3:くせ毛を扱いやすくしたり再現性を良くする

美容師お客さんん

 

きれいな形うねりや広がりなど次第に崩れていく原因は、毛髪内のタンパク質の流出と切断によるもです。

 

切断されたタンパク質に新たな結合を形成することで髪の一本一本形状を維持することでくせ毛の収まりヘアスタイルのもちを良くします。

 

美容院のシャンプーのデメリット

シャンプー

 

1:値段が高い

2:継続して使うのが難しい

1:値段が高い

美容院のシャンプーは、市販のものと比べて価格が4倍から5倍それ以上のものもたくさんあります。

高いだけにお財布にはかなり痛いところではある。

 

2:継続して使うのが難しい

1回だけ、美容院で購入してとても気に入ったとしても、継続して購入するとなるとちょっと敷居が高いようですね。

良いシャンプーというのは、長く使ってこそそのシャンプーの良さを最大限に発揮してくれます。

 

市販のシャンプーのメリット

シャンプー

1:コスパが良い

2:泡立ちが良く洗い上りがツルツルする

3:どこでも手に入るお手軽感

1:コスパが良い

美容院のシャンプーは200mlで2000円以上するのに、市販のシャンプーなら内容量もたっぷり500mlサイズでその4分の1くらいの値段で購入することができるのでかなりコスパが良い。

 

2:泡立ちが良く洗い上りがツルツルする

香りと泡立ちも良く、コンディショニング成分であるシリコンなどが多く配合されているので、シャンプー中でも手触りがよく、洗い心地が良いのも市販シャンプーの良いところ。

 

3:どこでも手に入るお手軽感

市販のシャンプーは、町のスーパーやドラッグストアなどでいつでも購入できるのが魅力です。

さらに、セール時には特売で購入することができるのがうれしい。

 

市販のシャンプーのデメリット

髪を洗う女性

 

1:パーマのもちが悪くなる

2:ヘアカラーの色落ちが激しい

3:髪の報酬効果は期待できない

4:頭皮や髪に負担がかかる

5:種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからない

1:パーマのもちが悪くなる

洗浄能力の強いシャンプーがパーマのシスティン結合を切れやすくさせる。

 

パーマをかけても、真っすぐに元に戻ろうとする習性があります。

 

市販のシャンプーに含まれる界面活性剤ラウレス硫酸やラウリル硫酸がこれを手助けしてしまうのでパーマが取れやすくなります。

2:ヘアカラーの色落ちが激しい

色落ちの原因は、洗浄成分に含まれる界面活性剤の成分によるもの。

美容院のシャンプーは、髪にやさしいアミノ酸系に対し市販の市販のシャンプーには高級アルコール系の洗浄成分であるラウレス硫酸やラウリル硫酸が含まれるからです。

 

3:髪の補修効果は期待できない

市販シャンプーには、髪のダメージを補修するという効果は期待できません。

市販シャンプーで髪が綺麗に見えるのは補修されているからではなく、コンディショニング成分のシリコン効果によるものだからです。

 

4:頭皮や髪に負担がかかってしまう

市販のシャンプーは、洗い上がりはさっぱりしますが、それは洗浄力が強い証拠。

 

アミノ酸系と比較して圧倒的に洗浄能力が高いので、必要以上に髪や頭皮の油分を取り過ぎてしまうので保湿効果がなくなり髪がパサつく原因になります。

 

5:種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからない

種類が多すぎてどのシャンプーが自分に合うのかわかない!って方多いのではないでしょうか?

実際、僕でも自分に合うシャンプーを選ぶのは不可能です。

 

 

まとめ

美容院で販売されているシャンプーは、界面活性剤はアミノ酸系の洗浄成分でしかも低刺激あり、グルタミン酸、グリシン、アラニンなどの高級で人の身体に無害な成分をしています。

 

美容院のシャンプーの価格が高いのは、高級な成分を配合しているため金額が高くなってしまうことが理由。

 

市販のシャンプーのほとんどは、高級アルコール系の洗浄成分のラウレス硫酸、ラウリル硫酸などの高級アルコール系の洗浄成分(界面活性剤)で作られています。

ラウレス硫酸、ラウリル硫酸など成分は、安価で商品を製造することができるから安価で提供できる。

 

いつも健康で艶々な髪を保つなら美容院のシャンプーを選びましょう!!

 

naru
『美容院のシャンプーは価格は高いけどそれ以上の満足を手にするこができます。毎日使ったその日から違いが実感できるはずです。』

いつもきれいな髪でいるために、1番大切なことは毎日のヘアケアなんです。

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-髪の悩み解決|おすすめ商品