JR学研都市線、 鴻池鴻池新田にある美容院、美容室Mazy<マジィ>のブログ

もっと髪のことを知って欲しい

hair.s.jpg

美容師のお得豆知識

日本人はみんな同じ黒髪なのか?

更新日:

『日本人ってみんな黒髪なの?』同じ日本でも人によってそれぞれ黒髪の色、明るさは違うって知ってましたか?では、なぜ?日本人は黒髪で欧米人は金髪やブロンドなのでしょう?現役美容師がそんな疑問にお答えします

 

近頃は、若い人から年配の方までのほとんど日本人はヘアカラーをしていますよね?

だから、黒髪の方を探す方が大変なくらいです(笑)

今回は、日本人ってみんな同じような黒髪の色をしているのかどうかについてお話ししていきたいと思います。

日本人の髪。みんな同じ黒髪なの?

髪がきれいな女性の後姿

 

昔の人は髪のきれいな女性を褒めるとき[緑の黒髪][鳥の濡羽色(ぬればいろ)]なんて表現していたらしいです。

 

黒髪の光沢はみずみずしくつややかだとか、カラスの羽のように黒いという意味。

 

でも実際は、日本人の髪は濃い赤褐色(赤味のブラウン)なのです。

 

髪の色はどうやって決まるのでしょうか?髪にはメラニンという色素があります。

 

黒髪に多い赤褐色[ユウメラニン]と、明るい髪色に多い[フェオメラニン]の2種類があるんです。

 

日本人にはこの[ユウメラニン]の占める割合が多いので、黒っぽく見えるんですね。

 

反対に欧米のブロンドなどは[フェオメラニン]が多いんです。

 

2つのメラニンの比率で、髪の色と明るさが違ってくるんです。

 

”日本人は黒髪”というわけではなく、黒髪からブロンドまで、幅広い色になる可能性をもっているんですね!

 

*確かに近頃の小さなお子さんから若い人、肌の色も昔と違って白人に近い色白の方が非常に増えて来ていると感じます。

 

髪は、その人の持っているメラニン色素によって決まるので、色が白いほど髪の色素も薄く茶色っぽいです。

 

逆に、肌の色が黒い人ほどメラニン色素も濃くなるので黒い近い黒髪になるってことになります。

 

従って、『日本人がみんあ同じ黒髪ではないってことです!!』

 

最近の日本人の肌が白かったり、髪の色が茶色くなってきた背景には、食文化の変化が理由かもしれませんね。

 

メラニン色素の種類と量

 

ユウメラニン(真メラニン)・・・(赤褐色)日本人・黒髪

 

フェオメラニン(亜メラニン)・・・(黄~オレンジ)欧米人・ブロンド髪

 

ちなみに同じアジアの中国人や韓国人は日本人より硬くて髪が黒いです。

 

それと日本のメーカーのカラー剤やパーマ剤が染まりにくかったり、かかりにくかったりします。(お店で検証済み)

 

まとめ

日本人の黒髪は、その人のメラニン色素の濃さで決まります。

〇メラニン色素が薄い方は、肌も白く髪は茶色っぽい。

〇メラニン色素が濃いかたは、濃い黒髪になります。

 

黒髪に多い赤褐色[ユウメラニン]と、明るい髪色に多い[フェオメラニン]の2種類。

 

日本人にはこの[ユウメラニン]の占める割合が多い。

ユウメラニン(真メラニン)・・・(赤褐色)日本人・黒髪

 

反対に欧米のブロンドなどは[フェオメラニン]が多い。

フェオメラニン(亜メラニン)・・・(黄~オレンジ)ブロンド髪

あせて読んで欲しいContents

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-美容師のお得豆知識

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.