ブリーチしている女性

ブリーチ| Q&A ヘアカラー| Q&A

市販のブリーチ剤で髪をセルフブリーチするやり方【美容師が解説】




 

悩み

・いつもセルフブリーチをすると根元だけ明るくなってしまったり、ムラムラになって失敗してしまう。

・市販のブリーチ剤を使って綺麗にセルフブリーチするやり方が知りたい。

・セルフブリーチでも失敗しない!美容師さんがおすすめするブリーチ剤を教えて!

 

こんな悩みを解決します。

 

naru

この記事を書いている僕は美容師歴30年です。

サロンでヘアカラー・白髪染め・ブリーチにおいて多くの経験や実績があるので安心して最後まで読み進めてくださいね。

 

セルフブリーチを初めてする方、ブリーチのやり方や方法がよくわからないというメンズ・レディースの方に市販のブリーチ剤を使ってムラにならずに綺麗に仕上げるやり方を解説します!

また、髪へのダメージを最小限に抑え明るく綺麗にブリーチできる!セルフでも失敗しない!美容師一押しのブリーチ剤もご紹介。

セルフブリーチをする前の注意点とブリーチに必要な準備するもの

ブリーチをする際に『ブリーチをする上での注意点』『ブリーチする際に用意しておいた方が良いもの』をご紹介します。

必ず以下の記事を読んだ上でブリーチを行いましょう!

 

市販のブリーチ剤を使って綺麗にセルフブリーチ(脱色)する方法!

今回は、僕がいつも使用してるウエラブリーチノンダスト(30g×12袋)を使用して綺麗にセルフブリーチ(脱色)する方法を解説します♪

ウェラブリーチノンダスト

 

他社メーカーのブリーチ剤や市販で販売されている『メガメガブリーチ』でもやり方は同じなので安心てください。

 

ちなみに、『セルフブリーチをするなら市販の安価なブリーチ剤はおすすめしません!!』

 

なぜなら、プロ用のブリーチ剤は『髪にできるだけ負担かけずに最速で綺麗に脱色できるから。』

 

また、セルフブリーチを成功させるには、『たっぷりの量が必要なので髪質や髪の量によって必要量が変わってくる』

『市販のブリーチを買ったものの、ブリーチの途中でカラー剤が足りなくなってしまった(´;ω;`)』というのはよくある話です。

 

なので、ブリーチを行う前は必ずある程度のブリーチ剤の量を用意しておこう!!

 

ブリーチは1剤と2剤(過酸化水素水)を混ぜるとすぐに反応が始まります。

 

なので、時間が経つと薬剤がカピカピになり、堅くなって塗布しにくくなる上、乾燥しやすくなりますので出来るだけ調合したら手早く髪に塗布しなければりなりません。

 

ムラ染めにならないようにするためには時間が勝負になりますので、ハケでブリーチ剤をたっぷり髪に塗布しながらコーミング』という作業を意識しながら手早く塗布することを心がけてください。

 

まず、クリップなどで染めない部分は留めておいて下さい。

 

襟足の部分から根元2㎝を残し毛先まで一気に塗ります。

 

バージン毛の場合は、根元2センチを残し塗布量を毛先にいくほど量を少し多めに塗布して下さい!

ブリーチは塗布量にムラがあると脱色がムラになりやすいので、染める前の髪の状態を見て塗布量を調節するように。

 

もともと、カラーリングをしていて明るい部分がある場合は、根元から中間部分(新生毛)より少なめに塗布。

 

あとは、どんどん頭頂部分(トップ)まで進んでいき、バックが塗り終わったら今度は、サイドもバックと同じように根元2㎝を残し下から上に進む。

 

根元2センチを残し毛先まで塗布が終わったら、今度は、残しておいた根元部分を襟足から順に上に塗布していきます。

 

根元付近は体温が伝わりやすいため脱色しやすいです。

 

したがって、そんなにブリーチ剤をたくさん塗布しなくても十分明るくなります。

 

サイドも下から順に残しておいた根元部分を頭頂部に向かって順に塗布して、最後に頭頂部まで塗布したら終わりです。

 

これで、ブリーチを髪全体に塗布完了した状態になります。

 

あとは、ラップして5分~30分置きましょう!

 

ラップは透明なので、どれくらい脱色しているのか?わかりやすいと思いますので様子を見ながら自然放置しましょう。

 

髪が太くて硬く真っ黒・メラニン色素が濃い方は時間かかるので塗布量は多めに塗布すること。

放置時間は、やや長めに置きましょう。20 分~30分まで。(脱色時間は個人差があります)

 

ブリーチは30分以上は置かないで下さい。髪が傷むだけで何の効果もありません。

 

髪が細く柔らかい・もともとメラニン色素が薄い方はブリーチの塗布量を控えめにして時間は短かめにして下さい。

放置時間は、様子を見ながら5分~15分くらいまでOK!!

 

 

ブリーチ剤を選ぶなら脱色能力が強いパウダーブリーチを選ぶこと!

業務用パウダーブリーチは、市販で販売されているものより『強力に早くブリーチすることが可能!』しかも『髪への負担も少なく安全』です。

※ プロ専用なので市販の『メガメガブリーチ』と比較してもはるかに強力に脱色できます。

 

『業務用ブリーチ剤は大容量。市販のブリーチ剤を購入してブリーチしたら途中で薬剤が無くなってしまった…。』なんてこともありませんから安心ですね!

 

なので、頭皮や髪のダメージを最小限に抑え、1回のブリーチで効果の高いブリーチ剤を選ぶならパウダータイプの業務用ブリーチ剤がおすすめです。

 

 

まとめ

ブリーチで綺麗に早く脱色するためには、『塗布量と塗っていく早さが重要』なります。

 

なぜなら、塗布した部分からすぐに色が脱色していくので、時間がかかればかかるほど先に塗布した部分と最後に塗り終わった部分では色ムラが出やすいからです。

 

セルフブリーチをする場合は、髪の長さがあるほど難易度が上がるので誰かに手伝ってもらうか?自分でするのはちょっと不安という方は美容院でしてもうことが無難でしょう!

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ブリーチ| Q&A, ヘアカラー| Q&A