カラーを塗っている画像

ブリーチ

セルフでブリーチする前に知っておきたい注意点と準備するもの!

 

悩み

セルフでブリーチを成功させるために

・ブリーチをセルフでする前に知っておいた方が良い注意点を知りたい…。?

・ブリーチをセルフで成功させるために必要な準備するものってなんですか?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事を最後まで読むことで『セルフブリーチで失敗しない方法』がわかるようになります。

 

この記事を書いている僕は、ヘアカラー・白髪染め・ブリーチにおいて美容師歴30年の経験と実績があります!

 

ブリーチをする前に知っておくこと!注意点!

ブリーチをする前に、ブリーチをするうえでのデメリットがあることを知っておかなければなりません。

デメリットを知ったうえで、ブリーチをしましょう!

 

注意ポイント2つ

・頭皮や顔周りにしっかり保護剤を塗っておかないと顔周りや頭皮に炎症を起こすことがある。

・ブリーチをすることによって薄毛になったりハゲてしまうリスクもある。

頭皮や顔周りをしっかり保護しておかないとひどい炎症を起こすことがある。

ブリーチは通常のヘアカラーを比べても比較にならないくらいの強力な脱色剤です。

頭皮や顔周りの皮膚が火傷やケロイド状態になってしまうことも稀にあります。

なので、後で後悔のないようにしっかりブリーチをする前に頭皮や顔周りの皮膚を保護することを心がけましょう!

 

◎ちなみに、僕も保護剤をせずにブリーチをして頭皮に炎症を起こしかぶれた経験があります。

おかげで、皮膚科などに1か月ほど通院しなければならないということになりました。

 

ブリーチをすることによって薄毛になったりハゲてしまうリスクもある。

ブリーチは、強力な漂白剤・脱色剤です。

頭皮に直接塗布するものなので、継続的にブリーチを繰り返したり、1度に何度も繰り返すことで頭皮にダメージ与えてしまいます。

その結果、薄毛になってしまったりハゲてしまうリスクもあるということを知っておきましょう。

 

こちらの記事にブリーチのデメリットについて詳しく解説しています。

 

ブリーチする前の準備!必要なものリスト

1:顔周りにつけるワセリン

2:頭皮保護剤

3:ヘアカラー用 道具一式 (手袋は絶対必須です!)

 

1:顔周りをブリーチから保護するおすすめのワセリン

ブリーチはヘアカラーと比べかなりアルカリ成分が強い商材です。

なので、必ずお顔周りや耳の裏の生え際・襟足などもワセリンをしっかり塗って保護しましょう!!

これをしておけば、皮膚トラブルを避けることができます。


 

2:頭皮を守るおすすめの保護剤

ブリーチを無事成功させるためには、頭皮の保護が重要です!!

あとで、頭皮トラブルに見舞われないためにもしっかり頭皮を保護しましょう!

頭皮の保護にはこちらがおすすめ!!

 

ミルボン リーファピーリングファーム 

 

【ミルボン ディーセス リーファ ピーリングフォーム】

もともとは、スキャルプケアの目的で使用するオイルなんですが、当店ではアトピー性皮膚炎の方やヘアカラーに反応してしまう人(アレルギー)の方に使用しています。

 

オレンジ油・ヤシ脂肪酸ソルビタン・ホホバ油など頭皮保護に適した成分を配合しているため、カラー前にしっかり頭皮を保護してくれます。

今のところ頭皮トラブルはありません。

 

【使用方法】ムースタイプの泡状になっているため、液ダレもなくそのまま頭皮にノズルの先をあてて頭皮全体に行き渡るように塗布することができます。

ある程度、ピンポイントで塗布してから手でマッサージするように頭皮全体に馴染ませてください。

 

3:ヘアカラー用 道具一式

カラー用具 セット( DIY髪染め用)  ケープ・カップ ・ハケ・イヤーカバー・ヘアキャップ・ ヘアクリップ・ 手袋 など

・ヘアキャップの代替えはラップでもOKです!!

※ 手袋は絶対必須!!

手袋をせずブリーチをすると100%炎症を起こし火傷します!!


 

顔の周りや襟足、耳の後ろにワセリンを塗り、イヤーキャップ、タオルを巻いてケープ、頭皮の保護オイルを塗り終えたら早速、自分でブリーチをやってみよう!

 

 

まとめ

ブリーチは、僕たち美容師でも慎重に扱わないといけない商材になります。

なので、なんの知識もなくセルフでブリーチをすることはとても危険なこと。

トラブルもなく無事ブリーチを成功させるためには、ブリーチをする前の準備や必ず頭皮や顔周りをしっかり保護してからするようにしましょう!!

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-ブリーチ

© 2021 もっと髪のことを知って欲しい Powered by AFFINGER5