カラーチャート

白髪染め

白髪染めで黒くなった髪を明るくしたい方に?明るくする方法を伝授!

 

こんな悩み

『美容院で白髪染めをしたら、思ったより暗く黒くなってしまった・・・。』

『セルフカラーで白髪染めをしたら、失敗して黒く染まり過ぎて困っている・・・』

『もう一度明るくできる方法はないのかな・・・早く何とかしたい・・・』

 

という方に

今回は、白髪染めで黒く染まってしまった髪を明るくする方法をご紹介します。

そもそも1度、白髪染めで黒く染まった髪を明るく出来るのか?

ヘアカラーする女性

 

ちょうど先日、うちのお客さまでこのような状態になってしまいご来店されました。

 

いつも、使っている市販のヘアカラーではなくメーカーを変えたら『真っ黒』になったらしいです・・・。

 

こんな時、

『思いもよらず黒くなってしまった髪をもう1度早く明るく戻したい』って思いますよね?

 

お気持ちはすごくわかります!!

 

しかしながら・・・ぶっちゃけ言わせてもらいますと、

 

『明るくする方法は脱色するほかにありません!』ブリーチってやつです!脱色です!!

 

私の経験上、

『基本的に1度黒く染まった髪(5レベル以下だと)をいくら明るいおしゃれ染めで上から染めても明るく出来ません。』

 

ましてや明るめの白髪染めを上からいくら染めてもさらに暗くなるだけで明るくするのはムリだと思います!

 

たとえば、『絵の具の黒に黄色や赤などを混ぜても黒のまま』なんですよね?

 

それと同じしくみになるんです。

 

では、どうやって明るくするのか?

 

リスクはありますが3通りあります。

 

1:黒く染まった部分をブリーチで脱色した後に上から明るめの白髪染めする!

ブリーチしている女性

 

1:髪に入り込んだ黒の色素をブリーチ(脱色)で抜いてしまいその後、もう1度希望の明るさになるように明るめの白髪染めをする方法です。

 

ただし、ブリーチ(脱色)で色素を抜くということは黒の色素と同時に髪の中の間充物質(タンパク質)までも一緒に流れ出してしまうということになりますので、髪へのダメージはかなりあるということを理解の上でして下さい。

 

自分でブリーチをする方法は以下の記事を参考にして下さい!≫

≪市販のブリーチ剤で綺麗に色を抜く方法≫

 

ブリーチ後に、髪を1度ドライヤーでよく乾かし、上から希望より少し明るめの白髪染めで染めてください。

 

明るく白髪染めで染める方法は以下の記事を参考にして下さい!

≪染まりにくい白髪を明るく染める方法≫

 

太くてしっかりした髪ならブリーチ(脱色)に耐えれるでしょうが、細くてやわらかい髪質の方などはブリーチにより、髪がゴムのように引っ張ると切れてしまう可能性がありますのでこちらの方法はあまりおすすめ出来ません。

 

そのような方は、2か3の方法を試してみてください。

 

ブリーチ単品で脱色するよりはかなり髪への負担が緩和されるかと思います。

 

2:ブリーチとおしゃれ染めを混ぜて髪を明るくする方法

カラー剤の調合した画像

 

強制的なトーンアップによるダメージを出来るだけ最小限に抑えるために、極力ブリーチ単品で脱色するのは避けておしゃれ染めを混ぜてする方法です。

 

出来るだけ明るめのおしゃれ染め(13トーン、14トーン)薬剤に、少しブリーチを混ぜてしまう。

 

おしゃれ染めの量が3に対してブリーチの量を1で薬剤を作り染めてみる。

 

(髪が太くて硬めの方、かなり黒く染まっている場合はブリーチの割合を増やしてくださいね)

 

<注意>髪へのリスクがありますので自己責任でして下さいね!(笑)当方は一切の責任は持ちませんので。

 

3:ダメージを最小限に抑えるため、おしゃれ染め単品の一番明るい14レベルで染める!

14レベルのおしゃれ染めで黒く染まってしまった部分または、髪全体にたっぷり塗ってトーンアップする!!

 

おそらく、市販のカラー剤で14レベルは売っていないと思いますので自分で調達して下さい。

(メーカーは何処でも良いのでアマゾンか楽天市場などで調達する)

 

今回は、ウエラ コレストン パーフェクト ネイチャーコントロール 1剤  80g 14/00 を使ってトーンアップします。

 

1剤 30g+2剤(6%) 90ccを調合して作ります。1剤と2剤の調合の割合は1:3です。

 

調合したカラー剤で、黒く染まってしまった部分の多めに塗布していきます。

 

塗布が終わったらラップをして自然放置します。

 

10分から20分放置(髪質によっては早く色の抜ける場合がありますので様子を見ながら時間調節をして下さい)

 

これで、多少ですが明るくなる可能性はあるかと思います。

 

◎髪へのダメージに関しても方法1や方法2でよりは損傷度がかなりマシかと思います。

 

(どちらかというと、細い髪の方のほうが明るくなりやすいです。)

 

これであまり変化がない場合は、日にちを置いて(1週間程度)もう1度、同じことを繰り返す)

 

2回ほど繰り返せば、髪の中に入ってしまった黒の色素はシャンプーの度に流出していくかと思います。




◎色が無事抜けたら、あとは、アフタケアーに力を注いでください!!

 

髪にかなりの負担をかけた分アフターケアはとても大切になってきます。

 

アフターケアの仕方は以下の記事を参考にして下さい!

≪傷んだ髪にトリートメントやヘアパックしたら治る≫

 

まとめ

市販の白髪染めを選ぶときに注意しないければならないこと。

 

いつも使っているメーカーを変えないことです。ヘアカラー剤のパッケージをにイメージ写真が載っていますがいざ染めてみると仕上がりが暗くなったり、黒く染まってしまう場合あります。

 

一度、黒く染まった髪をもとに戻すには髪に相当な負担をかけなくてはならなくなります。

 

従って無事明るくなったら、そのあとのケアを十分過ぎるほどやってちょうど良いくらいです。

 

できれば、シャンプーとトリートメントは、弱酸性のアミノ酸系を使って下さい。

 

そうすることで、色落ちや髪のダメージを進めることなく、髪の手触りや艶感が蘇ります!!

 

ヘアカラーによるダメージケア用のシャンプー&トリートメントです。一押しです!


あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-白髪染め

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.