白髪染め塗布画像

白髪染め

白髪が少ない人が市販の白髪染めを自分でするとほとんどは失敗する?

POINT

”白髪が目立ってきたので、市販の白髪染めで自分で染めてみようかな・・・?”

『美容院で染めるのお金がかかるしもったいないから、ドラックストアーやスーパーで市販のヘアカラー剤を購入し、自分で初めて染めてみたら仕上がりが真っ黒!?』

『なんか思っていたのと違う…。ていうか、暗く、黒く染まり過ぎっ…。?』

 

このように『初めて自分で市販の白髪染めをしたら暗く真っ黒になって失敗した!?』という経験はありませんか?

 

実際に、僕も美容師になる前に茶髪になった髪を少し落ち着かせようとして、市販の白髪染めで染めて真っ黒になった経験が何回もあります(笑)

 

そこで、美容歴30年の僕が『市販の白髪染めを自分でしても失敗しない!』方法を教えちゃいます!

記事の最後まで読むことで、『誰でも簡単に自分好みの色に染める知識を身につけることができる!』ようになります。

 

本記事の内容

 

・市販の白髪染めで真っ黒になる、暗くなってしまう3つの原因

・市販の白髪染めで失敗しないための注意することとは?

・セルフカラー初心者でも、市販で販売されている白髪染めで簡単に思い通りの明るさに白髪を染める方法!

白髪が少ない人が市販の白髪染めを自分でするとほとんどは失敗する?

 

良くテレビのCMで『誰でも簡単に白髪染め!!』なーんてよく言ってますよね?

 

『ヘアカラー(白髪染め、おしゃれ染め)ってそんな簡単ではありませんw!!』

 

美容師は、ヘアカラーの理論からしっかりと勉強して知識を身につけているからこそ、お客様のご希望どおりの色や明るさに綺麗に染めることができるのですよ。

 

とくに、白髪染めの場合は白髪の量や髪の質によってカラー剤をチョイスが大きく変わってきます。

 

時には根元だけ染めたり、根元と毛先のカラー剤の明るさを変えたりすることで髪全体が綺麗にムラなく染めることができるんですよね。

 

なので、素人の方が初めて市販の白髪染めをして『暗くなったり真っ黒に染まってしまったり』するのは当たり前の事なんです!!

 

ってことで、そろそろ本題に行きましょう!!

 

市販の白髪染めで真っ黒になる、暗くなってしまう3つの原因とは?

頭をかかえる女性

1:白髪の量が少なめなのに暗めのカラー剤をチョイスしてしまっている!

2:いつもと違うメーカーの白髪染めを購入して失敗!

3:市販のヘアカラー剤を購入し、毎回、根元から毛先まで髪全体を染めている。

 

1:もしかして?あなたの白髪の量は少なめではないですか?

 

◎白髪が少ないのにも関わらず、ヘアカラーの見本の色を暗めをチョイスしてまっている。

 

市販のカラー剤で初心者の方がよく失敗する理由の一つです。

 

見本の色というのは、ご存じだとは思いますが『これで染めると白髪がこんな色に染まリ上がります!』ってことなんです。

 

暗めの色は、カラー剤の中に入ってるブリーチの量が少ない。

 

しかも、白髪を染めるための黒色や濃い茶色の色素が入っています。

 

従って、もともと黒髪の部分の仕上がりは黒い(暗い)ままということになります。

 

下手すれば、染める前より髪全体が真っ黒になってしまうこともある…。

 

◎白髪が少ない方は、暗めより明るめの色を選びましょう!

 

2:白髪染めのメーカーをコロコロ変えてしまう!

 

◎『同じ番号だし大丈夫かな?といつもと違うメーカーの白髪染めを購入し染めた。

 

これも、よく聞く話です。

 

どこのメーカーでも番号が同じなら大丈夫だろうと安易に購入し、いざ染めた後に後悔するってことがあります。

 

同じ数字のものであっても、メーカーによって色も明るさも多少違いますので、染め上りの仕上がりも変わってしまいます。

 

◎気に入った色があれば、同じものを使うのがベストです!

 

もしその商材がなかった場合は、しっかり購入するまえにカラーチャート(仕上がりの色見本)を確認してから購入しましょう!

 

3:毎回、髪全体を白髪染めで染めてしまっている!

 

◎毎回、根元から毛先まで髪全体を染めで染めている。』

 

すでに染まった部分(中間、毛先)を重ねて塗れば塗るほど、色が重なるわけですから濃く暗くなってしまいます。

 

これが、髪が黒くなってしまう原因とも考えられます。

 

◎ですから、白髪染めをする時はできれば2回に1回は根元のみを染めるようにしましょう。

 

※恐らく、リタッチの作業は自分では難しいと思うので家族の方に手伝ってもらうと良いかと思いますね。

 

市販の白髪染めで失敗しないための注意することとは?

 

『髪が柔らく細い毛質でもともと染まりやすい』という方などは、少々明るめのカラーでも白髪は十分染まりやすいと思いますので、ヘアカラーチャート(染め上がり見本)をしっかり見てもらって暗めのカラー剤をチョイスしないように気をつけてください!

 

逆に、『髪が硬くて太い毛質で染まりにくい』という方は、あまり明るめの色を選んでしまうと、白髪の部分だけがしっかり染まらないということもありますので購入する前に注意が必要。

 

美容院のヘアカラーは、白髪染めもおしゃれ染めも品番が5-○○~13-○○というような感じで数字の低いものが暗い色、高い数字ほど明るめになっていますが、市販のカラー剤は数字が低いほど明るいなど、美容院のカラー剤とは逆の場合もありますので購入する前に必ず確認しましょう。

 

市販で販売されている白髪染めで簡単に思い通りの明るさに白髪を染める方法!

白髪染めで明るく綺麗に染まった画像

 

ドラッグストアやスーパーなどで初めてセルフカラー白髪染めを購入する時って

『どの色を選べばいいのかわからない…。』

『どの明るさのカラー剤を選べば、白髪もしっかり染まって暗くならないんだろう…。?』

『すぐに色落ちしたりしないかなぁ…。?

『髪が傷んだら嫌だなぁ…。』

 

なんてなりますよね?

 

大丈夫です!!安心してください。

 

実は、僕たちが普段から美容院で使っているカラー剤がネットショップで購入できるの知っていましたか?

 

楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなどで購入できるんです。

 

プロ仕様だから、染め上がりも美容院で染めたのとまったく同じ感じに仕上がります!!

 

サロンのヘアカラー剤と市販のヘアカラー剤では、『手触り、ダメージ、仕上がりや艶感、色味』に差が出ます。

 

美容院と市販のカラー剤の違いについてはこちらの記事

 ここが断然に違う!ホームカラーと美容院のヘアカラーの違いの差とは?

≫ ちらほら白髪がある場合、おしゃれ染めと白髪染めをどちらが選べばいい?

 

でも、どのカラー剤を選べば良いのかわからないという方に『誰でも簡単に髪全体が明るくできるノウハウ』をしかも、レシピ付きで記事に公開しているので

是非ご覧ください!!

 

お勧めの記事 

≫≫ 市販のヘアカラーで傷めず綺麗におしゃれ染めや白髪染めを上手に染める方法

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-白髪染め

© 2021 もっと髪のことを知って欲しい Powered by AFFINGER5