JR学研都市線、 鴻池鴻池新田にある美容院、美容室Mazy<マジィ>のブログ

もっと髪のことを知って欲しい

カラーチャート

ヘアカラーに関する記事

白髪が少ない人が市販の白髪染めを自分でするとほとんどは失敗する?

更新日:

『初めて自分で市販の白髪染めをしたら暗くなって失敗した!?』という経験はありませんか?もしかして、白髪の量が少なめではないですか?市販のヘアカラー初心者の方が良く失敗しがちな原因について説明したいと思います。なぜ、自分で市販の白髪染めをすると髪が暗く染まったり、黒くなってしまうのだろうか?

 

こんな経験はないだろうか?

”白髪が目立ってきたので、市販の白髪染めで自分で染めてみようかな・・・?”

『美容院で染めるのお金がかかるしもったいないから自分でドラックストアーやスーパーで市販のカラー剤を購入し、染めてみたら仕上がりが真っ黒!?なんか思っていたより暗く染まってしまった・・・。?』な~んてこと。

 

このようなことはよくあることです。実際に、僕も美容師になる前に何回も経験しましたから(笑)

今回は、その原因についてお話をしていきたいと思います。

市販の白髪染めで初心者がしてしまいがちな失敗って?

まず、

1:『白髪が少ないのにも関わらず、ヘアカラーの見本の色を暗めをチョイスしてしまいがちなこと。』

 

市販のカラー剤で初心者の方がよく失敗する理由の一つです。

 

見本の色というのは、ご存じだとは思いますが『これで染めると白髪がこんな色に染まリ上がります!』ってことなんです。

 

暗めの色は、カラー剤の中に入ってるブリーチの量が少ない、しかも、白髪を染めるために黒から濃い茶色の色素が入っています。従って、もともと黒髪の部分の仕上がりは黒い(暗い)ままということになります。

 

下手すれば、染める前より髪全体が真っ黒になってしまうこともある・・・。

 

あと、同じ番号だし大丈夫かな?っと

2:『いつもと違うメーカーの白髪染めを購入し染めたら暗くなってしまった。』

 

これも、よく聞く話です。

 

どこのメーカーでも番号が同じなら大丈夫だろうと安易に購入し、いざ染めた後に後悔するってことがあります。

 

同じ数字のものであっても、メーカーによって色も明るさも多少違いますので染め上りの仕上がりも変わってしまいます。

 

しっかり確認してから購入しましょう!

 

3:『市販のヘアカラー剤を購入し、毎回、根元から毛先まで髪全体を染めている。』

 

すでに染まった部分(中間、毛先)を重ねて塗れば塗るほど、色が重なるわけですから濃く暗くなってしまいます。

 

これが、髪が黒くなってしまう原因とも考えられます。

 

ですから、できれば根元のみを染めるようにしてください。

 

恐らく、リタッチの作業は自分では難しいと思うので家族の方に手伝ってもらうと良いかと思いますね。

 

市販のヘアカラーで失敗しないための注意することとは?

hair.s.jpg

 

『髪の柔らくてもともと染まりやすい』という方などは、少々明るめのカラーでも白髪は十分染まりやすいと思いますので、ヘアカラーの見本をしっかり見てもらって暗めのカラー剤をチョイスしないように気をつけてください!

 

逆に、『髪が硬くて、染まりにくい』という方は、あまり明るめの色を選んでしまうと、白髪がしっかり染まらないということもありますので購入する前に注意が必要。

 

あと、美容院のヘアカラーは、白髪染めもおしゃれ染めも5-○○~13-○○という感じで数字の低いものが暗い色、高い数字ほど明るめになっていますが、市販のカラー剤は数字が低いほど明るいなど、美容院のカラー剤とは逆の場合もありますので購入する前に必ず確認しましょう。

 

美容師から一言

髪にヘアカラーを塗布している画像

 

市販のヘアカラーって素人の方でも簡単に染まるように作られています。

 

しかし、『すぐに色落ちしたり、髪が傷みやすくなる』などのリスクがあります。

 

髪が傷みやすくなる原因としては自分で染める時に毎回、髪全体にカラー剤が髪に付いてしまうことにあります。

 

すでに染まっている部分に繰り返しカラー剤が付くことでダメージが進行してしまうってことですね。

 

美容院では、髪全体に染めた次のご来店時は、リタッチ(新しく生えてきた部分だけを染めること)をするようにしています。

 

要するに、2回に1回髪全体を染めると言うことになります。

 

そうすることで、お客様の髪のダメージを極力抑えるという意味もあるからですね。

 

全体染めをするとき、毛先にかなりダメージがある場合は、前処理して毛先を保護しながら施術を行ったり、根元と毛先のオキシ(2剤 3%、6%)の濃度を変えたりして、髪に負担をかけない努力をいつも心がけています。

 

色落ちに関しては、繰り返しカラー剤が髪全体を染めることで毛先に重大なダメージが進み、色の定着が悪くなり、色落ちが激しくなります。

 

サロンのヘアカラー剤と市販のヘアカラー剤では、『手触り、ダメージ、仕上がりや艶感、色味』に差が出ます。

 

できれば美容院で綺麗に染めてもらうことをお勧めします。

 

関連記事

ここが断然に違う!ホームカラーと美容院のヘアカラーの違いの差とは?

市販のヘアカラーで傷めず綺麗におしゃれ染めや白髪染めを上手に染める方法

あせて読んで欲しいContents

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアカラーに関する記事

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.