JR学研都市線、 鴻池鴻池新田にある美容院、美容室Mazy<マジィ>のブログ

もっと髪のことを知って欲しい

カラーチャート

ヘアカラーに関する記事

ヘアマニキュアは濡れた髪にする?乾いた髪にする?どっちが正解なの?

更新日:

ヘアマニキュアをする時、ほとんどは場合は乾いた髪にするのが基本です。でも、濡れた髪にヘアマニキュアをする方が簡単に塗りやすい。これは美容師でもセルフでする場合も同じでしょう。でも気になるのはどちらが色がちゃんとしっかり染まるのかということです!

 

美容院でヘアマニキュアをする時、シャンプー後に美容師さんは髪を乾かしてから施術していますか?濡れている状態で染めていますか?

または、市販のヘアマニキュアを自分(セルフ)でする時、髪を乾かしてから施術していますか?乾いている状態で染めていますか?

 

ヘアマニキュアは濡れた髪にする?乾いた髪にする?どっちが正解?

『どちらでもちゃんと染まります!』(注意:美容室で扱っている商材の場合です!)

 

その一方で、市販で販売されているヘアマニキュアの注意書きにはこう書かれているようです。

 

『ヘアマニキュアの使い方』

1.髪を濡らしタオルドライ。

2.髪が濡れた上から塗る。

3.放置。

4.すすぐ。

めちゃくちゃアバウト(笑)

 

こんな説明では、素人の方が戸惑うはずです。

 

実際にこのやり方でやっても色がうまく染まらないということも多いようですね。

 

『それはなぜだろう・・・。?』

 

まず、市販で販売されているヘアマニキュアと美容院で扱っている商材では染まり具合にかなり差があるようです。

 

美容院のヘアマニキュアは、地肌に付くとホントにヤバいくらい取れませんが、市販で販売されている商材の方は基本的にセルフですることも考えられているため、美容室のものより少し薄めに作られているのではないかと思う。

 

その証拠に、私たちはサロンでお客様にヘアマニキュアをするとき、地肌に付かないように『細心の注意を払って!!』地肌から約1センチくらい開けて塗布していきます。

 

一度、地肌に付いてしまうとなかなか取れないからです。

 

そんなマニキュアを素人の方が自分でするとなるとどうなると思いますか?

 

『地肌にヘアマニキュアが付きまくって大変なことになるってことです。』

 

もともと、美容室のものより薄めで作られているヘアマニキュアを濡らした状態ですると髪が水分を含んでいるため薄まって、うまく染まらなかったりするわけです。

 

箱の裏の説明書きには、シャンプーをしてタオルドライの後ヘアマニキュアを塗ってくださいと書いてはいると思いますが、これは、まず髪についている皮脂、汚れ、ホコリやスタイリング剤などをしっかり取って洗い流し、ある程度しっかり水分を取ってからしてくださいという意味だと思います。

 

あと、少し濡れている状態の方が自分で染め易いという理由もあるでしょう。

 

実際に、水分を含んだ髪にヘアマニキュアを塗布する方が乾いた髪にするより、薬剤が良く伸びるし根元から毛先まで均等に薬剤が付きやすいと思いますしね。

 

で?結局、どちらがうまく綺麗に染まるのかというと。

 

『美容院のヘアマニキュアは、乾いてても濡れていてもどちらでも染まる!』

 

ちなみに私は、いつもウェットな状態で施術しています。しっかり綺麗に染まっています。

(髪を乾かさなくてよいから時短にもなるのでおすすめです!)

 

市販のヘアマニキュアをセルフ(自分)するなら、シャンプーをしてから少しドライヤーで乾かして少し髪が湿っているぐらいでヘアマニキュアをした方が良い!

 

このとき、『根元1センチくらい開けての根元の方に多く薬剤をが付くように』塗布してそのまま毛先までコームスルーで薬剤を伸ばしてあげましょう!

あせて読んで欲しいContents

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアカラーに関する記事

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.