カラーをする女性

白髪染め

白髪染めのリタッチカラーは何センチまで?どのくらいの頻度が理想?

 

悩み

・白髪染めのリタッチカラー(根元)は何センチまでなのか知りたい。

・白髪染めのリタッチカラー(根元)はどのくらいの間隔、頻度でするのがいいの…。?

・白髪染めのリタッチカラー(根元)と全体に染める理想的な頻度・間隔はどのくらいなのか教えてください…。

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事を読むことで得られるメリット

1:リタッチカラーとは?

2:根元の伸びた長さでリタッチカラーと全体染めをどちらをすれば良いかわかる。

3:白髪染めのリタッチカラー(根元)の理想的な間隔や頻度がわかるようになる!

4:白髪染めのリタッチカラー(根元)と全体染めの理想的な間隔や頻度がわかるようになる!

5:お気に入りの白髪染めの色を長持ちさせる方法。

 

美容院で白髪染めをしてから少し間隔が空いてしまっている時、リタッチ(根元染め)でいいのか、全体染めの方がいいのかわからない時ってありませんか?

◎リタッチか全体染めか決める上で参考になればと思います。

 

リタッチカラーとは?

リタッチカラーとは、おしゃれ染めや白髪染めを全体に染めて後、数ヵ月後に根元の伸びてきた部分(新生毛)だけを染める技術のことを言います。

 

全体染めの場合は、オールカラーとかフルカラーとも言います。

 

白髪染めのリタッチカラーは何センチくらいまでなの?

白髪染めのリタッチ(根元の伸びた部分の長さ)は1.5㎝まで!!

 

根元が1.5センチ以上伸びている場合は、前回白髪染めをしてから約1ヵ月半以上経過しているので基本的に全体染めをおすすめします。

 

その理由は、毛先の褪色がかなり進んでいるからです。

仮に、リタッチをしても根元から毛先まで均一に染めることが難しくなります。

 

なので、

白髪染めのリタッチは1ヵ月から1ヵ月半以内。根元の長さが1.5センチ伸びるまでに染めましょう!

 

 

白髪染めのリタッチカラー(根元染め)は、どのくらいの間隔・頻度でするのが良い?

カラーをしている美容師

 

リタッチのベストな間隔・頻度は1か月~1か月半以内が理想です!!(できれば1か月!)

 

髪の伸びる長さは1ヵ月間約1センチです。

根元が1.5センチ(約1ヵ月半)ほど伸びている場合、毛先の色もあまり褪色が進んでいないので、リタッチした後に根元のカラー剤を毛先までコームスルーで軽く伸ばし5分ほど放置すれば、うまく根元から毛先まで色が馴染みます。

 

なので、

長く綺麗な色を保つならリタッチカラーのベストなタイミングは1か月~1か月半以内。できれば1ヵ月で染めるが理想!

 

白髪染めのリタッチカラーと全体染めの理想的な間隔や頻度は?

からーをする女性

 

1度、全体染めをしたら1ヵ月~1ヵ月半以内でにリタッチカラーをして2ヵ月半までにまた全体染めしよう!

 

ヘアカラーや白髪染めは、一度染めてから日にちが経過すればするほど、必ず褪色していくものです。

 

なので、全体染めをしてから完全に褪色してしまう前、つまり約1ヵ月~1ヵ月強で根元(リタッチ)を染めてリタッチの後にコームスルーで根元の薬剤を毛先まで馴染ませて約1か月ほどは色をキープする。次はまた、全体染めをするという感じ。

 

このサイクルを繰り返すことが理想ですね。

 

白髪染めは、全体染めをしたら1ヵ月~1ヵ月以内にリタッチカラーをするということを覚えておいてくださいね!!

 

セルフで市販の白髪染めを使ってリタッチカラーをする場合の注意点!

白髪が多い方って、美容院で染めても2週間くらいで白髪が出てくるので、次回美容院に行くまでの間は、市販の白髪染めでリタッチカラーをしているという方も結構いらっしゃいます。

でも、注意しなけらばならないことがあります。

 

それは以下の3つ

1:いつも使っている市販のカラー剤を違うメーカーのものに変えないこと。

2:できるだけ毛先にカラー剤を付けないようにすること。

3:髪に負担が少ないカラー剤を選ぶこと。

いつも使っている市販のカラー剤を違うメーカーのものに変えないこと

市販の白髪染め選びってとても難しいです。

モノによっては、根元の白髪がぜんぜん染まらない!思ったより暗くなってしまった!

なんてこともよく聞く話です。

 

それは、メーカーによって色味・明るさ・白髪が染まる具合なども違うし品番もぜんぜん違うからです。

 

ここで、よくある失敗例をご紹介します!

 

できるだけ毛先にカラー剤を付けないようにすること。

セルフで白髪染めをするってかなり高度な技術が要ります。

 

時に根元だけ塗布するなんて美容師でも難しいのですが、極力毛先にカラー剤がつかないようにしましょう!

 

カラー剤が毛先についてしまうことでムラ染めになってしまったり、毛先が暗くなる、毛先が傷んでしまうからです。

 

白髪染めをする前に、オイル系のスタイリング剤やトリートメントを付いてほしくない部分に塗っておくこともおすすめです。

 

直接カラー剤をつくことを防げたり、カラー剤による髪の損傷を少し抑えることができます。

 

セルフで市販の白髪染めをする場合は、毛先にできるだけ付かないようにしましょう!

 

髪に負担が少ないカラー剤を選ぶこと。

市販の白髪染め及びおしゃれ染めって素人でも簡単に使いやすいいように作られていますが、僕たちプロが使っているものと比べるとかなり髪にリスクがあると考えています。

 

なので、できれば僕たち美容師がサロンで使っているカラー剤をおすすめします。

今は、楽天市場やamazonなどでも購入できます。

価格の方も、市販で販売されているカラー剤とさほど大差ありません。

もしも、セルフで挑戦してみたい方は以下の記事へどうぞ!

 

 

白髪染めした色を長持ちさせるために必要なこと!

シャンプーしている女性

 

白髪染めの色を少しでも長持ちさせるために、弱酸性のアミノ酸系のシャンプーを使いましょう!

 

白髪染めで染めてもおしゃれ染めで染めてもヘアカラーは必ず褪色していきます!

でも、この褪色を抑えることができればお気に入りの色をできるだけ長く保ちことができるんですよ。

 

それは、普段使っているシャンプーを弱酸性アミノ酸系のシャンプーに変えることです。

市販のシャンプーは、洗浄力の強いものが多く、せっかく綺麗に染まっても早く色落ちしてしまうことが多いです。

 

なので、

白髪染めの色を長持ちさせるために弱酸性のアミノ酸系のシャンプーとトリートメントをセットで使いましょう!!

 

アミノ酸系のシャンプーを使うことによって、色持ちが良くなるため白髪染めのリタッチと全体染めのサイクルも少し長くできるという利点もあるからね。

 

 

まとめ

・白髪染めのリタッチカラーは約1.5センチまで。

 

・白髪染めのリタッチカラーは1ヵ月から1ヵ月半以内。根元の長さが1.5センチ伸びるまでに染めましょう!

・1度、全体染めをしたら1ヵ月~1ヵ月半以内でにリタッチカラーをして2ヵ月半までにまた全体染めしよう!

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-白髪染め

© 2021 もっと髪のことを知って欲しい Powered by AFFINGER5