実際に購入したエピラットクリームブリーチ

眉毛脱色

エピラット 【敏感肌用】使い方・手順!眉毛脱色してみてのレビュー

 

悩み

・セルフで眉毛脱色をやってみたい!エピラット脱色クリーム【敏感肌用】で本当に眉毛を脱色できるの…。?

・購入する前に、自分にもできるか不安のなのでまずは使い方や手順を知っておきたい!

・エピラット脱色クリーム【敏感肌用】を使ってみてのメリットやデメリットはありますか…。?

 

こんな悩みを解決します!

 

naru
この記事を書いている僕は美容師しています。普段からジョレンクリームブリーチで眉毛脱色をしてますが、すぐなくなっちゃうのでなくなった時はお店のヘアカラーなどでいつも眉毛のお手入れをしています。

 

今回は、エピラット脱色クリーム【敏感肌用】を使用して眉毛脱色をしてみました!』

初心者でこれからセルフで眉毛脱色に挑戦したいとい方に、エピラット脱色クリーム【敏感肌用】使い方・手順をご紹介します。

また、実際に使ってみて良かった点・悪かった点などもレビュー。。。

 

その前にセルフで眉毛脱色をする上でのメリットとデメリットがあるので必ず以下に記事を読んでから自己責任で行ってください!

エピラット脱色クリーム【敏感肌用】の使い方や手順!!

エピラット脱色クリーム 敏感肌用

 

エピラット脱色クリーム【敏感肌用】に付属しているもの。

・A剤

・B剤

・スパチュラ

・トレイ

 

エピラット脱色クリーム【敏感肌用】で眉が脱色する前に準備するもの

・計量器

・綿棒・カラー用のハケ

・ワセリン

・ラップ

・コットン

■ 計量器

エピラットクリームブリーチの混合比は、A剤+B剤1:1になります。

なので、計量器があれば正確に調合する量を測れるので便利。

 

■ 綿棒・カラー用のハケ

綿棒は、眉毛にエピラット脱色クリームを塗布するときに使います。

カラー用のハケがあるならそっちの方が綺麗に眉に乗せることができます。

 

■ ワセリン(必須です!!)

 

ワセリンは眉毛の周りを保護するために使います。

 

ワセリンを塗っておけば、ブリーチクリームによる思わぬ肌トラブルを防ぐことができます。

 

とくに敏感肌の方は、後で肌荒れ・火傷・まぶたが赤く腫れるなどのトラブルを回避できます!

 

エピラット 【敏感肌用】の使い方・手順

実際に購入したエピラットクリームブリーチ

 

手順1:前もって、眉毛を整えておくこと

眉毛脱色直前に眉毛をカミソリで剃ったりするとシミたり眉まわりに炎症を起こす可能性があります。

なので、脱色する前に眉毛を整えておきましょう。

 

手順2:眉毛の周りにしっかりワセリンをつける

ワセリンは、必須です!ワセリンを塗っておくことで皮膚の上に薄い膜を張るので薬剤の影響を受けません。

なので、安全のためにも必ずワセリンは塗っておきましょう。

 

手順3:付属のスパチュラを使って1剤と2剤とよく混ぜ合わせる。

A剤とB剤を1:1の比率1.5g+1.5g=3gをしっかり混ぜること。

調合の比率が違ったりすると十分な脱色効果を発揮しません。

 

カップに入れたA剤とB剤

 

手順4:綿棒かカラー用のハケなどを使って眉毛にエピラット脱色クリームをたっぷり乗せてラップをする(眉毛が全部隠れるくらい)

綿棒などを使って眉毛が見えないくらいまで薬剤を盛るように塗布しましょう。

しっかり盛ったら、上からラップをしておくことで脱色ムラや液ダレの心配ありません。

 

エピラットを眉毛に塗布してラップ

 

手順5:約10分~15分ほど放置

10分から15分をめどに、1度チェックしましょう。

もしも、あまり変化がない場合であっても、1度ここで薬剤をふき取ること。

 

10分から15分がブリーチのリミットになっていると思われるのでそれ以上置いても効果はないと思います。

なので、15分を目安にして脱色がうまくいかない時は再度調合し直してください。

 

 

1回目で、毛が太く濃い部分の眉頭あたりがほとんど抜けず。再度、眉頭のみを再塗布しました。

 

眉脱色2回目

 

2回目はあまり色が抜けていない部分だけ再度塗布して15分放置。ワセリンを塗らずにやってみたのですが少しヒリヒリしました。

やっぱり、ワセリンは必須のようです。

 

手順6:この時点で希望の明るさになっていれば、水分を少し染込ませたコットンでよく拭き取り水ぬるま湯及び水で洗い流す。

 

完了です!

エピラット脱色クリームで眉毛脱色完了

【before】

 

エピラットクリームブリーチで脱色後

【after】

 

ジョレンクリームブリーチの仕上がりほどではないですがほんのり茶色に脱色できました。

 

エピラット脱色クリームを使ってみての評価・レビュー

眉毛脱色によく使われている『エピラット脱色クリーム』で実際にキレイに眉毛が脱色できるのか検証してみました。

実際に使ってみて良かったところや悪かったところをまとめてみたので参考にして頂けたらと思います。

 

良かった点

コスパが良い

特に刺激臭もなくヒリヒリすることもない

・1剤も2剤もクリーム状なので混ぜやすい

・クリームが柔らかく眉毛に乗せやすい

■ コスパが良い

A剤 55g+B剤55g=110gで1000円前後で購入できるので眉毛だけに使用するなら申し分ない容量です。

ただし、1回の施術では脱色がうまくいかないこともあるので2回、3回使用する覚悟が必要です。

それでも、ジョレンクリームブリーチと比較してもコスパは高い。

 

■ 特に刺激臭もなくヒリヒリすることもない

気になる匂いの方もほとんどなくヒリヒリとシミることもなかった安心して使えました。

但し、ワセリンを塗っているからであって、2回目にワセリンなしで施術したときはやっぱり少しヒリヒリとしました。

 

■ 1剤も2剤もクリーム状なので混ぜやすい。

パウダータイプのジョレンクリームブリーチと比較すると1剤2剤の調合がしやすかったです。

 

■ クリームが柔らかく眉毛に乗せやすい。

ブリーチクリームがとても柔らかく眉毛に馴染みやすく塗りやすいです。

 

悪かった点

・ワセリンなしですると少しヒリヒリしてしみる

・1回では、脱色しにくい

・ムラになりやすい

 

■ ワセリンなしですると少しヒリヒリする。

ワセリンをしっかり塗った状態ではほとんど痛みやヒリヒリしみることもなかったのですが、ワセリンなしで塗布すると少ししみます。

なので、ワセリンは必須です!

 

■ 1回では、脱色しにくい。

1回だけの脱色で上手く色が抜けないです。

眉毛の濃さや太さにもよりますが、2回から3回の施術が必要かもです。

 

■ ムラになりやすい。

クリーム状で非常に塗りやすいが、毛の太い眉頭などはほとんど1回の施術では抜けず、毛の細い眉尻だけが色抜けしてしまいます。

なので、2回目以降は眉頭を中心に脱色する必要があります。

 

エピラットクリームブリーチ【敏感肌用】で眉毛脱色をした利用者の口コミは以下の記事にまとめていますので良かったら見てみてくださいね。

 

まとめ

エピラットクリームブリーチ【敏感肌用】は、しっかり眉周りの保護(ワセリンなど)しておけば肌が弱い方、敏感肌の方に安心して使っていただける商品だと思います。(ただし、眉が濃い・太い人には不向きかも)

 

比較的、ブリーチのパワーが弱めなので2回以上脱色が必要になるかもですがほんの少し眉毛を茶色にしてみたいという方に向いていると思いました。

 

なので、初心者の方で『今より少しだけ眉を茶色にしてみたい!』『できるだけ安くコスパの良いものを選びたい!』『敏感肌なので安心して使える脱色クリームを選びたい!』という方は、エピラットクリームブリーチ【敏感肌用】がおすすめです。

 

ただし、眉毛脱色はあくまでも自己責任にてしてくださいね!

 

顔が地味で垢抜けない…。顔の雰囲気に透明感を出したい…。もっと可愛く見せたい…。イケメンに見られたい…。

という方は眉毛をちゃんと整えて、ほんの少しトーンアップすれだけで見違えるように一気に雰囲気が変わりますよ!!

 

あわせて読んで欲しいCONTENTS"

-眉毛脱色

© 2021 もっと髪のことを知って欲しい Powered by AFFINGER5